労働安全衛生法の改正

2014年6月25日、厚生労働省より改正労働安全衛生法改正の概要が発表されました。

改正法のポイント

改正労働安全衛生法のポイントは以下です。

1.化学物質管理のあり方の見直し
2.ストレスチェック制度の創設
3.受動喫煙防止対策の推進
4.重大な労働災害を繰り返す企業への対応
5.外国に立地する検査機関などへの対応
6.規制・届出の見直し

(参考)厚生労働省「労働安全衛生法の一部を改正する法律(平成26年法律第82号)の概要 」

決定された公表制度

前記「2.ストレスチェック制度の創設」は産業保健新聞でも何度か紹介してきました。
もう一つインパクトの大きい改正点として、「4.重大な労働災害を繰り返す企業への対応」があります。
これは労災を繰り返す企業に対し、企業単位での改善計画を作成させ、改善を図らせるものです。
さらに計画作成指示などに従わない企業に対しては大臣が勧告、それでも従わない企業については、名称を公表するというしくみです。

風評被害

「4.重大な労働災害を繰り返す企業への対応」は賛否両論ありましたが、具体的な該当要件は今後省令等で定める見通しです。
決定された以上は公表される企業が出てくることになりそうですね。
アナログな時代と異なり、ネットが発達した現代ではSNS等により一気に風評被害が広まる可能性が考えられます。
整備を十分に行い、コンプライアンス面での対策を実施しておくことが肝要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

杉井 将紘株式会社ドクタートラスト 常務取締役

投稿者プロフィール

IT企業に長年従事。その際の労働環境が整備されておらず、訴えても変わらない状況から健康管理会社のドクタートラストへ転職を決意。
畑違いの業界に戸惑いつつも、ITの力を駆使して産業保健業界に一石を投じるべく日々奮闘。
【ドクタートラストへの取材、記事協力依頼などはこちらからお願いします】

この著者の最新の記事

関連記事

解説動画つき記事

  1. 衛生委員会等のオンライン開催についての通達が示されました

    【動画あり】もっと深く知りたい方必見!衛生委員会等のオンライン開催について詳しく説明します

  2. 【動画あり】改正育児・介護休業法の概要と背景を専門家が解説!

  3. 【動画あり】2022年6月施行「改正公益通報者保護法」を専門家がわかりやすく解説!退職者や役員も保護対象になる⁉

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る