冷やし中華の栄養バランス

7月7日、今日は……冷やし中華の日です。
この日が二十四節気の「小暑」となることが多く、夏らしい暑さが始まる頃であることに由来しています。

冷やし中華を栄養面から見たお話

うどん、そば、ラーメン、素麺、などなど暑い季節には喉越しがよく嬉しい麺類だが、単品では野菜が不足しがちです。
その点、冷やし中華は具材が乗っているので、麺類の中では比較的バランスが良さそうに思われますが、いかがでしょうか
冷やし中華でよく使われる具材を見てみます。

きゅうり:約9割が水分、利尿効果があるが、ビタミン類の栄養は期待できない
ゆで卵:ビタミンAやビタミンB群などを豊富に含んだ食材。「完全栄養食品」とも言われている
焼き豚:ビタミンB1が含まれており疲労回復に効果的
ネギ:ネギに含まれるアリシンはビタミンB1と結びつき、アリチアミンに変化すると、ビタミンB1の吸収がアップ。豚肉との相性は抜群
たれ:酢醤油のたれには、酢が含まれている。酢には、酢酸をはじめとする有機酸がたくさん含まれ、疲労回復やエネルギー再生の手助けをしてくれる。ゴマだれはカロリーが高くなるので、酢醤油たれがオススメ。

トマトを乗せてみては?

トマトにはビタミンA、ビタミンC、ビタミンEがバランス良く含まれています。
また、乳製品、チーズや牛乳、デザートにヨーグルトなどをプラスしてカルシウムを補給するとさらにバランス良くなります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

中山 真樹株式会社ドクタートラスト 産業保健師

投稿者プロフィール

看護師として病棟勤務を経て、現在は企業様を対象に保健師業務を行っております。企業の健康管理室に出向していた経験、また、現在訪問企業で実施している業務からヒントを得て、皆様が知りたいことをお届けしたいと思います。
【保有資格】看護師、保健師、第一種衛生管理者、養護教諭一種
【ドクタートラストの保健師サービスへのお問い合わせはこちら】
【ドクタートラストへの取材、記事協力依頼などはこちらからお願いします】

この著者の最新の記事

関連記事

解説動画つき記事

  1. 会社内でのトラブル増加!?コロナハラスメントとは

    【動画あり】会社内でのトラブル増加!コロナハラスメントとは

  2. 【動画あり】「抗原」「抗体」ってなに? コロナ抗体検査は必要?

  3. 【動画あり】しんどさを感じている皆さんへ!アフターコロナ時代のメンタルヘルス

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る