日本国内の医師と産業医の人数

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

日本国内の医師の人数

日本全国の医師数は全国で約30万人になる。
これを多いと捉えるか少ないと捉えるかは、個人・地域によって異なるかもしれないが、難関の国家資格を取得しなければならず、狭き門を通過した人のみがなれる職業であることは共通している。

産業医の人数

その中で、産業医になるためには、日本医師会から認定を受けなければならない。
実際に認定されている医師は約8万人と言われている。
おおよそ3~4人に1人の割合で、産業医の資格をもっていることになる。

※医者であれば誰でも企業に訪問して産業医として活動して良いという訳ではない。
したがって、産業医を選任した際に労働基準監督署に報告を行わなければならないが、その際に「医師免許証」と「産業医認定証(または労働衛生コンサルタント合格証等)」等のコピーをエビデンスとして提出しなければならない。

男女比やメンタル専門医の割合

医師としての男女比はおおよそ8:2となっている。
女性の多い職場環境だと、女性の医師を産業医に迎えたいという希望が多いが、こう見るとまだまだ少ない母体数である。
さらには昨今必要性が強く求められるメンタルが専門の精神科医は医師全体の5%未満しかいない。
今後、ストレスチェックが義務付けられるよう法改正が行われれば、さらにメンタル医の役割は重要になってくると推測できる。
企業風土に合った良い産業医や、希望に沿うような産業医は色々な企業からさらに引く手数多になることが予想るため、今のうちから早めの確保をしておくことをお勧めしたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
杉井 将紘

杉井 将紘株式会社ドクタートラスト 常務取締役

投稿者プロフィール

IT企業に長年従事。その際の労働環境が整備されておらず、訴えても変わらない状況から健康管理会社のドクタートラストへ転職を決意。
畑違いの業界に戸惑いつつも、ITの力を駆使して産業保健業界に一石を投じるべく日々奮闘。
【ドクタートラストへの取材、記事協力依頼などはこちらからお願いします】

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. 時短勤務でも社保険に加入できる!平成29年4月より、労使合意に基づく社会保険の適用が拡大します

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る