SSTとはSocial Skill Trainingの略で、「社会生活技能訓練」などと呼ばれている。
認知行動療法の1つに位置づけられる新しい治療方法で、精神障害をもつ人たちの
自己対応能力(エンパワメント)を高め、自立を支援するために、
広く活用されることが期待されている。

 

[expand title=”社会的スキル訓練” id=”more”]
小児の分野では「社会的スキル訓練」とも呼ばれている。
SSTは対人関係を中心とする社会生活技能のほか、服薬自己管理・症状自己管理などの疾病自己管理能力、
身辺自立(ADL)に関わる日常生活技能を高める方法が開発されている。
医療機関や各種社会復帰施設、作業所、矯正施設など多くの施設で実施されており、
1994年4月から「入院生活技能訓練療法」として診療報酬に組み込まれている。
[/expand]

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

    【動画あり】重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

  2. 「新型コロナウイルス感染症対策」の動画、資料、ポスターを公開しました

  3. 【動画あり】しんどさを感じている皆さんへ!アフターコロナ時代のメンタルヘルス

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る