コーピング

コーピングとはストレッサーに対処するメカニズムのことで、「感情優先型」と「問題解決型」に分けられ、さらにそれぞれ「消極タイプ」と「積極タイプに」分類できます。
この4つのパターンの中から、状況にあわせて効果的なコーピングを実践することが、ストレスをコントロールする鍵となります。
402879_416099595097763_979337916_n

< コーピングの選択 >
積極コーピングを取るか、消極コーピングを取るかは、性格ではなく、環境や利用可能な資源に応じて任意に選択することができる行動に属します。
どのような行動を取るかは、人によってある程度の傾向が見られる場合もあるが、性格に根差したものではないため、変えることは十分に可能です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 【動画あり】休職者、在宅勤務者をサポート「アンリケアサービス」~その魅力と導入の流れ~

  2. 【動画あり】2022年6月施行「改正公益通報者保護法」を専門家がわかりやすく解説!退職者や役員も保護対象になる⁉

  3. 【動画あり】オミクロン株を正しく知ろう!~重症化しないって本当?マスクは意味ない?~

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る