ビールは水分ではありません!?

全国的に梅雨入りし、ジメジメ・ムシムシ。気温はそんなに高くないはずなのに、
湿度が高いせいでなんだか暑く感じる日々ですね。

この季節、そしてこれから夏にかけてとてもビールのおいしい季節になり、
仕事帰りに1杯ビールという日も多くなるのではないでしょうか。

ビールを飲むときに気をつけたいのが「脱水」です!!

ビールと脱水の関係

ビールにはもちろんたくさん水分が含まれているが、それと同時に他のアルコール飲料よりも利尿作用が強く
飲んだビールの量よりも、尿として出て行く量の方が多くなることがある。

暑いからと言ってビールばかりをがぶがぶ飲むと、喉が潤った気分にはなるが、結果的に体から出て行く水分が多くなり脱水になってしまう。
この脱水が頭痛や吐き気などの不快な二日酔い症状を引き起こす。

夏場はただでさえ汗を多くかき脱水になりやすいので、水やお茶などのアルコール以外の水分も摂取しながら飲むようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 衛生委員会等のオンライン開催についての通達が示されました

    【動画あり】もっと深く知りたい方必見!衛生委員会等のオンライン開催について詳しく説明します

  2. 【動画あり】しんどさを感じている皆さんへ!アフターコロナ時代のメンタルヘルス

  3. 「新型コロナウイルス感染症対策」の動画、資料、ポスターを公開しました

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る