労災による死亡者1000人超え

今や労働災害は広く周知されてきましたが、
労働災害による死亡者数が年間1,000人超えているのをご存知でしょうか
(厚生労働省働災害発生状況平成24年)

労働災害による死亡事故は、新聞やニュースなどでも多くは取り上げられませんが、
実際には1,000人以上の方がお亡くなりになっています。

このような状況の中で、まず取り組まなければいけないのが
労働安全衛生法を働くすべての人に浸透させることです。

労働安全衛生法は、従業員(労働者)の安全と健康を守り、
労働災害を防止することを目的としています。
従業員が日々良好な健康状態を保ち、
安全な環境のもとで働く、
一見当たり前のように思えることが、
実は労働安全衛生法に定められているルールによって守られているのです。

労働安全衛生法は、人事や労務担当者だけでなく、
すべての働く人々が知っておくべき法律であると言え
とくに現場のリーダーは、労働安全衛生法をよく理解し、
意識しながら職務にあたる必要があります。
なぜなら、事故が起こったときに、
現場のリーダーは、この法律を
「知らなかった」では済まされないのです。

労働安全衛生法は、専門的な用語が多用されています。
また、関係省令や告示の数も膨大です。
難解な法律というイメージはあながち否定できません。
しかし、労働安全衛生をしっかりと認識することで、
従業者の安全・作業の安全確保に役立ち、
事故を未然に防ぐことができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 【動画あり】「抗原」「抗体」ってなに? コロナ抗体検査は必要?

  2. 【動画あり】しんどさを感じている皆さんへ!アフターコロナ時代のメンタルヘルス

  3. 【動画あり】在宅勤務で新たなハラスメント「リモハラ」「テレハラ」が発生

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る