通勤災害とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

通勤災害とは、通勤による労働者の傷病等のことです。
労災保険から給付を受けるためには、その災害が「通勤による」ものでなければなりません。
そして「通勤による」ものといえるためには、通勤と災害との間に相当因果関係があることが必要で、具体的には、その「通勤」が次の要件を満たす必要があります。

通勤災害要件

① 就業に関するものであること
② 次のいずれかの移動であること

・住居と就業の場所との間の往復
・就業の場所から他の就業の場所への移動
・赴任先住居と帰省先住居との間の移動

③ 合理的な経路と方法によること
④ 移動途中で、合理的な経路の逸脱・中断がないこと
⑤ 業務の性質を有するものでないこと

また、通勤は1日に1回のみには限られておらず、午前中の業務を終了して帰り、昼食をとった後、午後の業務に就く為に再び出勤する場合は、その往復行為は就業と関連性があるものと認められいます。

保健関係処理

Q.A社からB社へ移動する途中で事故に遭った場合の保健関係はどちらで処理されるのでしょうか

A.この場合はA社で仕事を終えた後です

次の仕事のためにB社への移動を余儀なくされるため、B社での労務の提供に不可欠な移動となります。
よって、B社の保険関係により、処理されます。

また、通勤中に本屋さんへ、仕事帰りに飲みにといった、いわゆる寄り道での出来事はいくら通勤路とはいえ、通勤と認められません。
「通勤」と認められなければ、労災保険の給付は受けられないことを社員に周知しておくことは重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. 労働基準監督署からの指導を無視したらどうなるのか?

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る