ストレスに強い人、弱い人

ストレスに強い人、弱い人。その違いは?

「ストレスは人生のスパイス」と言われるように、生活する上で、誰もが大なり小なり何らかのストレスを感じている。
料理にスパイスが必要なのと同じように、私たちの人生にもある程度のストレス(刺激)がないと、味気ないものになってしまうかもしれない。

ところが、さまざまなストレスによって、時に私たちは鬱々とした気持ちで過ごしたり、体調を崩してしまったり、あるいは精神的な病気になってしまうことさえある。
ストレスは、良くも悪くも、私たちに大きな影響を与えるのだ。

けれど、同じ出来事が起こったとしても、強くストレスを感じる人と、あまり思い悩まずにいられる人がいるように、人によってストレスの受け止め方は異なる。
つまり、ストレスに強いタイプの人と、ストレスに弱いタイプの人がいるのだ。
では、「ストレスに強い人、弱い人」その違いは何なのか。

ストレスに強い人の特徴

自分を客観的にみようとする。
冷静に判断しようとする。
人の意見を聴き、参考にする。
心をひらいて話せる友人がいる。
否定的、悲観的にならない。

ストレスに弱い人の特徴

小さなことを大きく考えがち。
都合が悪いと人のせいにする。
物事に対するこだわりが強い。
人の目を気にする。
悲観的に考える傾向がある。

同じ出来事が起こったとしても、受け止め方や考え方によって、ストレスは大きくも小さくもなる。
要は、自分次第でストレスのコントロールができるのだ。

ストレスに強くなる方法

「いやいや、そうは言っても、考え方を変えることなんてできないよ。」という方もいらっしゃるかもしれないが、そういう場合は、「ストレスに強そうな人」「ポジティブな人」と付き合うようにするのがおすすめだ。
人は、似た物同士が集まる習性があるため、ストレスに強い人と仲良くなるには、自分もストレスに強い人になる必要が生じる。
明るい人は明るい人と友達になるため、明るくなりたいと思ったら、明るい人に好かれるように、自分も明るくなるように努めれば良いのだ。
日常生活や職場で、いつも明るく生き生きと過ごすためにも、できればストレスに強く、良くない問題が起こったとしても、それらを克服できる人になったほうが得だ。
「ストレスは人生のスパイス」として必要なものだが、ストレスに強くなりたい!余計なことで思い悩むのをやめたい!という方は、まず、「ストレスに強そうな人」「ポジティブな人」と仲良くなる努力をしてみよう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
高橋 さなえ

高橋 さなえ株式会社ドクタートラスト 産業保健部 保健師

投稿者プロフィール

会社員時代に産業保健に興味を持ち、保健師になりました。
企業勤めの経験を活かし、はたらく人にとって身近なテーマを発信させていただきます!

この著者の最新の記事

関連記事

解説動画つき記事

  1. 重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

    【動画あり】重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

  2. 会社内でのトラブル増加!?コロナハラスメントとは

    【動画あり】会社内でのトラブル増加!コロナハラスメントとは

  3. 衛生委員会等のオンライン開催についての通達が示されました

    【動画あり】もっと深く知りたい方必見!衛生委員会等のオンライン開催について詳しく説明します

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る