エアコンと除湿の違いは??

暑くなってきて、そろそろエアコンを使い始める季節ですね。
冷房だと寒くなりすぎるから、除湿を使う、という方はいませんか?

私も冷房だと気温が下がりすぎる気がするので、除湿をよく使っています。
でも、除湿だけでも、かなり温度が下がる気がしますよね。

除湿と冷房って何がちがうのでしょう

蝶々冷房‥部屋の温度を下げる働きをします。温度が下がると、湿度も下がるので、結果的に湿度も温度も下がることになります。
蝶々除湿‥湿度を下げることが目的です。しかし、湿度を下げる過程で、空気を冷やすので、温度も下がってしまいます。

どうして温度が下がると湿度がさがる?

空気が蓄えられる水分の量は温度によって違います。
温度が高い空気はたくさん水分を蓄えられるので湿度が高くなります。
反対に、温度が低いと、空気は少しの水分しか蓄えられません。

除湿はこの原理を利用しています。
エアコンが空気を吸い込み、熱交換器で熱を奪って、空気を冷やします。
そうすると、いらなくなった水分が水滴となってでてくるので、
ホースで部屋の外に出します。これを繰り返すことで、部屋の湿度を下げるのです。

除湿の種類

再熱除湿
空気を強く冷やして除湿をするのですが、そのまま吹き出すと温度が低すぎるため、空気を再度暖めなおしてから吹き出す方式です。
除湿量は冷房の6割程度ですが、1時間当たりの電気料金は冷房の1.4倍と、割高になってしまいます。

弱冷房除湿
空気を弱く冷やして除湿をします。空気の温度があまり下がらないため、
状況によってはあまり除湿できない場合もあります。
除湿量は冷房の5割程度ですが電気料金は冷房の40%程度と、かなり節約できます。

使い分けの方法

とにかく温度を下げたいとき
冷房がおすすめです。ただし、冷やしすぎに注意。

電気代を抑えたいとき
弱冷房除湿と高めの温度に設定した冷房は電気代を節約しながら除湿できます。

湿度が高いとき
再熱除湿は温度が下がり過ぎないので、梅雨の時期や、夜寝るときにおすすめです。

エアコンを正しく使って快適に夏を乗り切りましょう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 衛生委員会等のオンライン開催についての通達が示されました

    【動画あり】もっと深く知りたい方必見!衛生委員会等のオンライン開催について詳しく説明します

  2. 「新型コロナウイルス感染症対策」の動画、資料、ポスターを公開しました

  3. 会社内でのトラブル増加!?コロナハラスメントとは

    【動画あり】会社内でのトラブル増加!コロナハラスメントとは

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る