禁煙治療

保健指導に行くと、「たばこはやめたいけどなかなかやめれない‥…」「禁煙してたけど失敗しちゃった……」というお話をよく聞きます。

実は喫煙者の7割がニコチン依存症であるといわれています。
禁煙が続かないのは意思が弱いからではなく、ニコチン依存症という病気であるからかもしれません。病気にはきちんとした治療が必要です!

禁煙治療とは

たばこ禁煙治療ってどんなことをするのでしょうか。

◆ 初回の診療
ニコチン依存度チェック、呼気の一酸化炭素濃度測定、禁煙補助薬の選択、禁煙へのアドバイス

◆ 2~4回目の診療
呼気の一酸化炭素濃度測定、禁煙状況の確認、アドバイス

◆5回目の診療
禁煙治療のゴール。今後も禁煙を続けていく上でのアドバイスを受けます。

初回~治療完了までは3ヶ月です。

たばこ禁煙治療にかかる費用

2006年から健康保険を使って禁煙治療ができるようになりました。
※ ただし、必要用件を満たしていることが条件です。
禁煙治療3ヶ月間でかかる自己負担額は、12,000円~19,000円程度です。

新しい薬とは

従来はニコチンパッチやガムなどタバコの代わりにニコチンを補給する薬が一般的でしたが、ニコチンを含まない新しい飲み薬が開発されました。
ニコチンが切れたときのイライラなどの症状や、タバコをおいしいと感じにくくさせる作用があります。
飲み薬なので、簡便に服用でき、健康保険の適用にもなります。
ただし、めまいや頭痛などの副作用もあるそうなので、必ず医師の指導の下服用することが必要です。

タバコをやめたい!と考えている皆様。一度禁煙外来を受診してみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 【動画あり】「抗原」「抗体」ってなに? コロナ抗体検査は必要?

  2. 【動画あり】「コロナかも」従業員が激増!会社はどう対応する?~コロナが疑われる従業員、休ませた場合の手当は会社が支払うべき?~

  3. 【動画あり】オミクロン株を正しく知ろう!~重症化しないって本当?マスクは意味ない?~

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る