缶コーヒーの糖分

先日、企業で社員さんと面接をさせて頂いたときに、缶コーヒーが好きで・・・というお話を伺いました。

この缶コーヒー、どれくらいの糖分があるかご存知ですか???

正解は・・・
大体角砂糖3個分程度です。

出社した時とランチタイム後、午後にも飲んじゃうよ~なんていう方。
それだけで角砂糖9個分です。

しかも、お料理や果物にもお砂糖は含まれているので、
1日の摂取量を考えると・・・すごい量になりそうです。

本来、人間の体は、砂糖を摂取しなくても大丈夫です。

『糖質』=炭水化物を摂取することで、
体や脳に必要なエネルギーは補うことができます。

砂糖の取りすぎが引き起こすのは、『肥満』や『糖尿病』。

それ以外にも、急激に血糖(血液中の糖分)が上がると、
下がったときにイライラしたり、気持ちが不安定になることがあります。

目には見えないお砂糖、気をつけたいですね!!
ちなみに、よくみかける 微糖、甘さ控えめ、低糖という表示。

お砂糖の量としては
甘さひかえめ>低糖>微糖>無糖
だそうです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

中村 眞弓株式会社ドクタートラスト 保健師

投稿者プロフィール

企業での健康相談や産業保健の経験を生かし、「じっくり聴く・しっかり考える」保健師を目指しています。社員の皆様・人事の皆様と一緒になって企業の健康を支えていけるよう頑張ります。
【ドクタートラストの保健師サービスへのお問い合わせはこちら】
【ドクタートラストへの取材、記事協力依頼などはこちらからお願いします】

この著者の最新の記事

関連記事

解説動画つき記事

  1. 【動画あり】しんどさを感じている皆さんへ!アフターコロナ時代のメンタルヘルス

  2. 【動画あり】「抗原」「抗体」ってなに? コロナ抗体検査は必要?

  3. 【動画あり】在宅勤務で新たなハラスメント「リモハラ」「テレハラ」が発生

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る