保健師を有効に活用しましょう!!

肌寒くなってきて、街でくしゃみをする人の姿もみかけるようになりました。
季節に置いていかれないように、生活スタイルを秋へシフトしてくださいね。

今日は保健師についてちょこっと一言!!

産業医はいるけど、業務が多くて時間が足りない、、、
敷居が高くて、社員が産業医を敬遠している、、、
産業医が忙しくてなかなか連絡がつかない、、、  などなど

現場ではこのようなことが起こることが多々あります。

そんな時に活用してもらいたいのが保健師です。

保健師を導入すると→
産業医面談対象者をレベル分けして、面談をサポートします
産業医の負担が減るのはもちろん、より多くの方をフォローできます
衛生委員会のサポートをします
議題作りや、委員会の活性化のお手伝いをします
小さな相談でもいつでも気軽にできるハズ!?
産業医には気を遣うけど、保健師さんになら話せそうということもありますよね。
複数の方がコミュニケーションがとりやすい
産業医と担当者の2者間でのやりとりより率直な意見が言いやすい環境になる

つまり、産業医を有効活用したいなら保健師もセットにした方が効果倍増ってことですね。

保健師を検討してみようかな~とお考えの方、
いつでもお気軽に弊社までご連絡くださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 衛生委員会等のオンライン開催についての通達が示されました

    【動画あり】もっと深く知りたい方必見!衛生委員会等のオンライン開催について詳しく説明します

  2. 【動画あり】「抗原」「抗体」ってなに? コロナ抗体検査は必要?

  3. 【動画あり】休職者、在宅勤務者を手厚く支援する「アンリケアサービス」とは?

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る