産業医との面談後に残す記録

産業医を選任して間もない企業の方からのご質問で、こんなものがありました。

Q:従業員の産業医との面談では記録を残す必要があると思うのですが、何を記録として残しておけばよいのでしょうか。

労働安全衛生規則に定めがあります。

第五十二条の四  医師は、面接指導を行うに当たつては、前条第一項の申出を行つた労働者に対し、次に掲げる事項について確認を行うものとする。
一  当該労働者の勤務の状況
二  当該労働者の疲労の蓄積の状況
三  前号に掲げるもののほか、当該労働者の心身の状況

A:下記の確認事項の記載を記録として残してください。
※表記のa.b.c.d.は、当てはまるものを選択し、必要事項を記載。
※産業医が記載してください。
1.当該労働者の勤務の状況 
①前月時間外勤務時間
②2~6ヶ月平均の時間外勤務時間
<就業区分判定>
a.通常勤務・可
b.就業制限(残業禁止・残業1時間以内などの記載)
c.要・休業(休業1ヶ月などの記載)
2.当該労働者の疲労の蓄積の状況
a.なし b.軽 c.中 d.重
3.当該労働者の心身の状況
a.なし b.医師による病名・症状もしくは病気になる可能性などの記載

また、実施年月日、面談者氏名、産業医氏名の記載も、誰がいつどなたの面談を行なったのかを知るために必要です。

さらに、労働安全衛生規則には、次の記載もあります。

第五十二条の六  事業者は、面接指導(法第六十六条の八第二項 ただし書の場合において当該労働者が受けた面接指導を含む。次条において同じ。)の結果に基づき、当該面接指導の結果の記録を作成して、これを五年間保存しなければならない。
2  前項の記録は、前条各号に掲げる事項及び法第六十六条の八第四項の規定による医師の意見を記載したものでなければならない。

面談記録は面談実施から5年間の保管義務があります。お忘れなく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 「新型コロナウイルス感染症対策」の動画、資料、ポスターを公開しました

  2. 【動画あり】在宅勤務で新たなハラスメント「リモハラ」「テレハラ」が発生

  3. 会社内でのトラブル増加!?コロナハラスメントとは

    【動画あり】会社内でのトラブル増加!コロナハラスメントとは

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る