ジェネリック医薬品って??その2

先週の月曜日に引き続きジェネリック医薬品のお話です。

ジェネリック医薬品を使うとどれだけお薬代を節約できるのでしょうか

代表的な生活習慣病で算出してみました

糖尿病の場合
糖尿病の飲み薬で使用頻度が高い薬を使用した場合‥
先発医薬品を1年間服用
1錠約40円
1日3回服用‥年間約1,3000円

ジェネリック医薬品を1年間服用
1錠約15~25円
1日3回服用‥年間約5,500円~7,600円

→年間で最大約7,500円も節約できます!

高血圧の場合
高血圧の飲み薬で使用頻度が高い薬を使用した場合‥
先発医薬品を1年間服用
1錠約140円
1日3回服用‥年間約15,330円

ジェネリック医薬品を1年間服用
1錠約12~55円
1日3回服用‥年間約1,100円~6,500円

→年間で最大約14,000円も節約できます!

※自己負担額(3割)で算出しています。
 窓口で支払う料金には薬代のほかに診察代、検査代
 がかかります。

あくまで代表的な薬で料金を算出しています。
使用する薬の種類で価格は異なります。
ジェネリック医薬品にも多くの種類があります。
薬の飲み合わせや持病の関係上選べない薬もありますので、
どの薬を使用するかは医師・薬剤師に相談の上選択するようにしましょう

次回はジェネリック医薬品を購入する方法をご紹介します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 「新型コロナウイルス感染症対策」の動画、資料、ポスターを公開しました

  2. 衛生委員会等のオンライン開催についての通達が示されました

    【動画あり】もっと深く知りたい方必見!衛生委員会等のオンライン開催について詳しく説明します

  3. 重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

    【動画あり】重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る