LINEによる業務連絡

SNS利用

最近では、¨LINE¨を業務連絡に利用する企業も増えている。
24時間いつでもメッセージが気軽に送信できる為、
上司としては部下に対し、指示を送りやすくなってる。

そのため、部下は休日も上司からの連絡がないか気にする事が増え
ストレスと感じる人が増えているのが現状である。

業務外の連絡

Q上司が昼夜を問わず業務の指示を出してくる。
 業務時間外にも連絡があり、ストレスを感じる。これはパワハラではないのか。

Aこの場合は、パワハラに当たる可能性大。

必要なのは、勤務時間外に送る内容であったのか。ということ。
主に勤務時間外に送るメッセージの場合は、
本当に送る必要があったのかということがポイントとなる。

例えば、「明日の朝、○○をしておいてください。」
というようなメッセージ。
これは明日の朝、連絡をすれば済む内容で、夜に送る必要は無い。

LINEは便利なツールなゆえ、気軽に使いたくなってしまうが、
勤務時間外に利用することは、パワハラに繋がりやすくなる。
パワハラとは「行き過ぎた行為」などが対象となり、
業務上必要な行為を適切に行っていればパワハラには当たらない。

今回記載したLINEも、勤務時間内に利用をするのであれば
便利ツールとして使い続けられるので、使い方にはくれぐれも注意をしよう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 会社内でのトラブル増加!?コロナハラスメントとは

    【動画あり】会社内でのトラブル増加!コロナハラスメントとは

  2. 【動画あり】しんどさを感じている皆さんへ!アフターコロナ時代のメンタルヘルス

  3. 「新型コロナウイルス感染症対策」の動画、資料、ポスターを公開しました

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る