早起きのメリットと注意点

今朝はスッキリいいお天気でしたが、その分寒かったですね。。。さむい。

ママ保健師である私は、
子供を生んでから、すっかり早寝早起きになりました!

(というと偉そうに聞こえますが、寝かしつけの時に一緒に寝てしまうだけです・・・涙)

早起きのメリット

は、まず時間が有効に使えることだと思います。
また、夜早めに寝ると、ダラダラ間食をしたり、お酒を飲むことが無くなるので、メタボにも効果的です

注意点

(1) 冬場は、早起きしても太陽が昇っていないため、体が目覚めにくくなっています。
体操をしたり、暖かい飲み物を飲むなどして、体を目覚めさせることが必要です。

(2) 休日も、なるべく同じ時間帯に起きましょう。
週末に『寝貯め』して遅く起きてしまうと、月曜日に、時差ボケと同じような状態になってしまいます。
どうしても休日に寝貯めしたい人は、早起きして、午後短時間のお昼寝をする方がリズムが乱れません。

人間は、朝日の光を浴びてから15~16時間後に必ず眠くなるように出来ているそうです。

8時に起きたら23時か24時には眠くなるのが自然なので、早起きのコツは、『起床時間を調節する』ことにあるようです。

今朝は、空気が澄んでこんなにキレイな景色が見えました!!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 【動画あり】「コロナかも」従業員が激増!会社はどう対応する?~コロナが疑われる従業員、休ませた場合の手当は会社が支払うべき?~

  2. 【動画あり】コロナでどう変わった?24万人のストレスチェック結果を1年前と比較してみたら意外な結果が…!

  3. 【動画あり】2022年6月施行「改正公益通報者保護法」を専門家がわかりやすく解説!退職者や役員も保護対象になる⁉

一目置かれる健康知識

  1. 他人ごとだと思っていませんか?若年性認知症
ページ上部へ戻る