会社の救急箱

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

今日は、ご訪問先の企業様からもよくご質問頂く救急箱の中身についてです。

薬箱はどうしたらいい?

企業には、救急箱を置かなければいけないことが法律で定められています。
(労働安全規則633条と634条)

法律に記載されているのは、

「最低でもほう帯材料、ピンセット及び消毒薬 」となっており、
これらは災害時の緊急非難セットの中に入っていたりもしますね。

更に近くに薬局がなかったり、
福利厚生に近い意味合いで、常備薬を置く企業もあります。

常備薬は何がオススメですか?と聞かれたとき、
私は以下のようにご回答させて頂いています。

おススメ常備薬

①総合感冒薬
②痛み止め(頭痛薬)
③胃腸薬
④下痢止め
⑤絆創膏
⑥湿布
⑦体温計

大体人気なのが、①の総合感冒薬と③の胃腸薬(主に二日酔い対応ビール)

痛み止めは、頭痛持ちや女性の方など、ご自分で常備している方も多いようです。

「風邪薬」と一口に言っても、成分や配合が本当に様々。
症状や体質に合ったお薬を自分で選んで買うのが一番だと思いますくすり

あくまで「急な体調不良でお薬を買いにいけない時」のための
常備薬・救急箱でるあることをお忘れなく

個人的には、費用はかかりますがAEDの設置も重要だと感じています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
中村 眞弓

中村 眞弓株式会社ドクタートラスト 保健師

投稿者プロフィール

企業での健康相談や産業保健の経験を生かし、「じっくり聴く・しっかり考える」保健師を目指しています。社員の皆様・人事の皆様と一緒になって企業の健康を支えていけるよう頑張ります。
【ドクタートラストの保健師サービスへのお問い合わせはこちら】
【ドクタートラストへの取材、記事協力依頼などはこちらからお願いします】

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. 労働安全衛生の「法」「施行令」「規則」の違い

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る