メンタル休職中の従業員への対応

前回紹介した産業医の先生のお話から、
今回は休職中の従業員への対応方法を紹介する。

原則として休職中でも、
職場と労働者・家族との定期的な接触が望ましい。

頻度としては1~2ヶ月に1度程度。

直属上司など、職場の窓口はひとつにすることが原則である。

連絡する内容に関して

病気の部分には触れず、
休職満了日の確認など、業務連絡をするに留めるのが望ましい。

これは、病気に関して素人である企業担当者が話を聞いても
何も解決することが出来ず、むしろ休職者を悩ませる結果とも
なりかねない為である。

連絡手段

メールでの連絡は望ましくない。
メンタル不調の状況では、脈絡の無い長い文章になりがち。
また、こちらからのメールの一部分だけを抜き取り、
揉める原因となることがある。

直接会う時は2人で会いに行くようにすること。
後々の言った言わないという状況を避ける為。

また、従業員の休職に際しては
企業からの傷病手当金などの経済的な支援や、
休職・復職に関する制度の説明告知なども必要となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 会社内でのトラブル増加!?コロナハラスメントとは

    【動画あり】会社内でのトラブル増加!コロナハラスメントとは

  2. 衛生委員会等のオンライン開催についての通達が示されました

    【動画あり】もっと深く知りたい方必見!衛生委員会等のオンライン開催について詳しく説明します

  3. 【動画あり】しんどさを感じている皆さんへ!アフターコロナ時代のメンタルヘルス

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る