ビタミンB1で疲れをとろう!

みなさんは「脚気」という病気をご存知ですか?

脚気はビタミンB1が不足して起こる病気で、足の痺れや倦怠感などの症状があらわれます。

ビタミンB1は豚肉や玄米、大豆などに多く含まれます。
白米を食べることが習慣化していた明治時代には国民病として蔓延していたそうです。

ところが食事に何不自由しない現代でも脚気予備軍の人が増加中らしいのです!

ビタミンB1はどんな働きをする??

ビタミンB1は摂取した糖分をエネルギーにかえる働きを助けます。
また筋肉にたまる疲労物質である乳酸を除去する働きもあるので、不足すると疲れがたまってしまします。

インスタント食品、アルコールなどに多く含まれる糖質を分解するには、
ビタミンB1が必要不可欠です。そのためこれらの食品を大量にとりすぎると、
分解にビタミンB1が使われて体内で不足してしまいます。
現代人に脚気予備軍が増えているのは大量の飲酒や
インスタント食品ばかり食べることが原因といわれています。

最近疲れているな~とか体がだるい、という方はビタミンB1を意識的に
摂取してみてはいかがでしょうか。ビタミンB1が多く含まれている豚肉や玄米、
大豆などと一緒に吸収を高める成分が豊富なたまねぎ、にらなども食べると効果的です。
またお酒はビタミンB1を大量に消費してしまうので、飲みすぎないようにしましょう。

実は疲労回復効果がある「にんにく注射」ニンニクの主成分もビタミンB1なんです。
にんにく注射をうつことで血液にのってビタミンB1が全身に運ばれ、
筋肉にたまった疲労物質を除去してくれるそうです。

ビタミンB1を普段から意識的に摂取して疲れにくい体作りをしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 「新型コロナウイルス感染症対策」の動画、資料、ポスターを公開しました

  2. 衛生委員会等のオンライン開催についての通達が示されました

    【動画あり】もっと深く知りたい方必見!衛生委員会等のオンライン開催について詳しく説明します

  3. 【動画あり】「抗原」「抗体」ってなに? コロナ抗体検査は必要?

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る