年末の忙しさに負けない!

年末に差し掛かり、いつも以上に業務が増え、処理に追われる時期ではないでしょうか?

◆休憩時間が減る
◆食事時間がバラバラ
◆残業が増える
◆少しでも早く処理を求められる

などなど。
どにかくモチベーションを下げずに、集中して、業務をこなす!ことが必要となりますね。

頭でわかっていても、それが上手く行かないストレスを感じるのが悩みの種です。

★集中力を少しでも高め、意欲をなるべく長く維持する方法を探ってみましょう★

①「疲れたら休む」より「疲れる前に休む」
   休む暇なんてない!と言う気持ちになりますが、たった1分でも構いません。
   背伸びや深呼吸をしましょう。
   肩こり、酸欠、脳の疲労は嫌でも集中力を低下させます。

②不安に負けない!メリハリをつける!
   食事や休憩をする時は、一度作業スペースから離れることを意識的にしましょう。
   気分がよりリセットされます。

③「あと5分ねばる」
   誰もが業務に立て込んでいる状況では「すみません、ちょっといいですか?」など
   作業を中断されることはよくあります。誰でも集中力が切れますね。
   話を聞くタイミングを調整したり、一端聞きき、ひとまずその業務を5分ねばります。

④「後回し」は優先順位をつけてから!
  感情が優先したら「とにかく着手」!
   難しそう、無理だ、と思うこともありますよね。
   でも、脳は一端取り組んでしまうことで「どうしたら良いか」と言う関心(α派)が生まれる
   仕組みになっています。α派を高める動作に変えてしまう作戦です。
   

★更に!『集中力がある時』と『気が散っている時』の脳は働きが違う!★

集中力がある時は、脳のほんの一部分の活動量が非常に高まっている状態にあります。
つまり、脳の広い範囲で活動が起こると集中できなくなる状態になります。

 本を読む、物を組み立てる、計算するなど、一つのことをしている時は脳の働きは1部分で
 活発になりますが、そこで声をかけられると
  「話しを聞く・相手を見る」→「内容を判断する」
  →「別の感情が生まれる(大変だ、嫌だ、どうしよう等)」
 と展開し、脳は全体的に活発になってしまいます。

忙しい時こその工夫、皆さんはどのようにされていますか?

集中力の高め方は「気持ち」よりも「工夫」の影響の方が高いことが分かりますね!
これを上手く取り入れて、年末、なんとか乗り切りましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

    【動画あり】重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

  2. 【動画あり】しんどさを感じている皆さんへ!アフターコロナ時代のメンタルヘルス

  3. 【動画あり】在宅勤務で新たなハラスメント「リモハラ」「テレハラ」が発生

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る