有休取得率、47.1% 前年比2.2ポイント低下

有休取得率

厚生労働省が21日発表した就労条件総合調査によると、
2012年の正社員の年次有給休暇の取得率は
3年ぶりの低下となる
前年比2.2ポイント減の47.1%となった。

企業が付与した年次有給休暇日数(繰越日数は除く。)は、
労働者1人平均18.3日(前年18.3日)。
そのうち労働者が取得した日数は8.6日(同9.0日)。

取得率を企業規模別にみると、
1,000人以上が54.6%(同56.5%)
300~999人が44.6%(同47.1%)
100~299人が42.3%(同44.0%)
30~99人が40.1%(同42.2%)
以上となっている。

政府が「ワークライフバランス」(仕事と生活の調和)の推進を掲げ、
20年までに有休取得率を70%に引き上げるとする目標からは、
まだまだ遠い結果となった。

■平成25年就労条件総合調査結果の概況
http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/jikan/syurou/13/index.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 【動画あり】休職者、在宅勤務者をサポート「アンリケアサービス」~その魅力と導入の流れ~

  2. 【動画あり】2022年6月施行「改正公益通報者保護法」を専門家がわかりやすく解説!退職者や役員も保護対象になる⁉

  3. 【動画あり】「コロナかも」従業員が激増!会社はどう対応する?~コロナが疑われる従業員、休ませた場合の手当は会社が支払うべき?~

一目置かれる健康知識

  1. 他人ごとだと思っていませんか?若年性認知症
ページ上部へ戻る