労働災害防止のための能力向上教育

事業場における労働災害の防止のために、
安全衛生業務従事者(労働災害の防止のための業務に従事する者)
の安全衛生に対する知識向上が必要となる。
そこで重要となるのが、能力向上教育である。

能力向上教育

労働安全衛生法第19条2項に基づき、
安全衛生業務従事者が事業場の安全衛生水準の向上を図るために
初任時に必要な教育を受けるとともに、
その後も、労働災害の動向や技術の進展等を踏まえて、
能力の向上を図ることを目的としている。

(1)教育の対象者
安全管理者、衛生管理者、安全衛生推進者、衛生推進者、作業主任者、
元方安全衛生管理者、店社安全衛生管理者、その他の安全衛生業務従事者

(2)種類
[1] 初任時教育
初めてその業務に従事することになったとき
[2] 定期教育
その業務に従事して後一定期間ごと
[3] 随時教育
事業場において機械設備等に大幅な変更があったとき

(3)教育内容

[1] 初任時教育
当該業務に関する全般的な事項
[2] 定期教育及び随時教育
労働災害の動向、社会経済情勢、事業場における職場の変化等に対応した事項

(4)時間
原則として1日実施する

(5)方法
講義方式、事例研究方式、討議方式等

(6)講師
該業務についての最新の知識並びに
教育技法について知識及び経験を有する者

事業場の全衛生水準の向上のためにも
能力向上教育は徹底して行う必要がある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 会社内でのトラブル増加!?コロナハラスメントとは

    【動画あり】会社内でのトラブル増加!コロナハラスメントとは

  2. 「新型コロナウイルス感染症対策」の動画、資料、ポスターを公開しました

  3. 【動画あり】在宅勤務で新たなハラスメント「リモハラ」「テレハラ」が発生

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る