職場における喫煙対策

近年、分煙・禁煙が浸透し、職場における喫煙対策が進んできている。

以前厚生労働省が発表した【職場における喫煙対策のためのガイドライン】では
以下の3つがポイントとなっている。

喫煙対策のポイント

ポイント1 喫煙室を設置

⇒可能な限り喫煙室を作り、非喫煙場所に煙が漏れないようにする。
⇒喫煙室を設置することが難しい場合は喫煙コーナーを設ける。
⇒喫煙コーナーは天井から吊り下げた板などによる壁、または衝立、
防炎フィルムによる囲い等により非喫煙場所に対する開口面をできるだけ小さくする。

ポイント2 たばこの煙と臭いは屋外に排出する。

⇒可能なかぎり局所排気処理装置または換気扇などのたばこの煙を吸引して
屋外に排出する喫煙対策機器を設置。
やむを得ず、空気清浄装置を設置する場合は適切に維持管理するとともに、
換気に特段の注意を払う。

ポイント3 職場の空気環境を測定する。

・浮遊粉じん濃度 0.15mg/m3以下
・一酸化炭素濃度 10ppm以下
・気流 0.2m/s以上

19日にニューヨークでは1箱1,000円超になる条例が可決されたりと、
NYでたばこ購入21歳以上に、1箱は1050円…依存防止広がるか(産経ニュース)
たばこ依存からの脱却が勧められている風潮は洋の東西を問わないが、
喫煙者・禁煙者ともに双方が相互の立場を十分に理解し、取り組みは今後も続けられるべきである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

杉井 将紘株式会社ドクタートラスト 常務取締役

投稿者プロフィール

IT企業に長年従事。その際の労働環境が整備されておらず、訴えても変わらない状況から健康管理会社のドクタートラストへ転職を決意。
畑違いの業界に戸惑いつつも、ITの力を駆使して産業保健業界に一石を投じるべく日々奮闘。
【ドクタートラストへの取材、記事協力依頼などはこちらからお願いします】

この著者の最新の記事

関連記事

解説動画つき記事

  1. 【動画あり】しんどさを感じている皆さんへ!アフターコロナ時代のメンタルヘルス

  2. 【動画あり】「抗原」「抗体」ってなに? コロナ抗体検査は必要?

  3. 重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

    【動画あり】重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る