精神科と心療内科の違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

先日、社員の方から精神科と心療内科は何が違うの?という質問を受けました。
実は結構知らない方が多いのではないのでしょうか。

何が違うの?精神科と心療内科

精神科

精神科はうつ病や統合失調症などの精神疾患を扱う科です。
不安、抑うつ、幻覚、幻聴、妄想などといった心の症状を対象にしています。

心療内科

「内科」というくらいですから身体的な症状を対象にしています。
動機や下痢、喘息といった身体症状の中で、発症や経過にストレスが密接に関連している身体疾患を治療の対象としています。
つまり…ストレスや心の問題が不安や緊張、落ち込みなど心に強く症状が現れていれば精神科の対象、動機や下痢など身体に強く症状が現れれば心療内科の対象となります。

こんなときは精神科?心療内科?

では具体的に、どういうときにそれぞれを受診するのがいいのでしょうか。
以下では違いをご説明します。

精神科

不眠や不安、イライラ、抑うつ、幻覚など、心の症状がメインのとき。

診療内科

体の症状がメインで、検査をしても異常がない。
発症にストレスが関連しているようなとき。

どちらを受診すべきが判断がつかないときは

身体の症状と心の症状が同じくらいあり、どちらがメインか区別がつかないときは、まずは内科を受診して器質的な疾患を除外しましょう。

それでもどの科に行っていいのかわからない‥というときは、内科・心療内科・精神科のうちのいずれかに電話で相談することをおすすめします。
受診する病院によって独自の事情もあるので、事前に医療機関に電話で問い合わせをしてみると無駄足を踏まずにすむでしょう。
会社に産業医や保健師がいる場合はどの病院に行ったらよいか相談してみるのもいいですね!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
中山 真樹

中山 真樹株式会社ドクタートラスト 産業保健師

投稿者プロフィール

看護師として病棟勤務を経て、現在は企業様を対象に保健師業務を行っております。企業の健康管理室に出向していた経験、また、現在訪問企業で実施している業務からヒントを得て、皆様が知りたいことをお届けしたいと思います。
【保有資格】看護師、保健師、第一種衛生管理者、養護教諭一種
【ドクタートラストの保健師サービスへのお問い合わせはこちら】
【ドクタートラストへの取材、記事協力依頼などはこちらからお願いします】

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. 業務委託契約の安全配慮義務

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る