労働衛生3管理

労働衛生対策を進めるにあたり、労働衛生管理体制を確立するとともに、労働衛生教育を徹底し、労働衛生3管理を総合的に実施することが必要とされています。
そこで今回は労働衛生3管理について紹介します。

労働衛生3管理とは、職場の労働衛生管理を進めるため、①作業環境管理、②作業管理、③健康管理の3管理の面から検討し、職場の改善並びにその防止対策を図り、作業者の健康を保持増進することです。

1 作業環境管理

作業環境管理とは、作業環境中のガス・粉じん等の有害要因を取り除いて適正な作業環境を確保することです。
特に、有害物を取り扱う作業場では、一定の技術基準による的確な作業環境測定を実施し、その測定結果に基づいて必要な改善措置を実施することが必要になります。

2 作業管理

作業管理とは、作業に伴う有害なエネルギーや物質作業による身体的負荷等の作業者に及ぼす影響などの有害要因を除去することです。
この管理は主として、作業主任者、作業責任者、職長等現場の責任者により適切に行うことが大切です。

3 健康管理

健康管理とは、健康診断を通じて労働者の健康状況を把握し、その結果に基づく適切な事後措置、保健指導を実施し、環境測定により作業方法や作業環境との関連を検討して、労働者の健康障害を未然に防ぐことです。
この管理は、産業医、産業保健指導担当者、心理相談担当者、健康診断機関等が中心となって適切に行うことが大切です。

労働衛生管理の中で労働衛生3管理はその中核をなすものであり、労働衛生対策を効果的に進めるためにも、産業医や衛生管理者等の労働衛生専門スタッフが一体となって行われる必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 【動画あり】「抗原」「抗体」ってなに? コロナ抗体検査は必要?

  2. 「新型コロナウイルス感染症対策」の動画、資料、ポスターを公開しました

  3. 会社内でのトラブル増加!?コロナハラスメントとは

    【動画あり】会社内でのトラブル増加!コロナハラスメントとは

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る