メタボのリスク、いつ実感?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

昨日のテレビ東京の番組『主治医が見つかる診療所』で
年末年始の内臓脂肪リセットSP> について放送がありました。

テレビをご覧になられた方
体重が2kg増える事で体につく脂肪の量の恐ろしさを目にしましたね!

少なくとも「食べ過ぎたら1~2kgは増えるのは当たり前、しばらくしたら自然に戻るから大丈夫」
と今までなんとなく気楽に思えていた方にとっては、それは大きな誤算だったと少しでも感じれる良い内容でした。

また、飲み会などの予定と1日の食事・運動についてバランスの取り方もカロリー別で食事をパズルの様に選択する方法を紹介されていましたが、簡潔で参考になりましたね。

メタボにならないために

時計逆に放送内容にあまり興味が持てずチャンネル変えた「いいえ」の方

メタボ、内蔵型肥満、消費カロリー等、これらのイメージは今どんな感じでしょうか?
毎年健診結果を見て、まだピンと来ない状況にはありませんか?
判定結果を見て直ぐに医療を受ける程の程度でない場合や次の健診まで身体の異変を感じることがもし無ければ、ほぼ1年は放置されることになります!

いつから身体と向き合える自分になれるか

健診や人間ドッグを積極的に受けるのは40代以降
今では二十代後半から脂質代謝や尿酸値などに異常値が出ている時代です。

何を知ったり聞いたら生活習慣を見直せる動機につながるか

健診結果から保健指導があったり再検査を必要とした場合には、
基準からはみ出た理由の手がかりだけでも確認して下さい。
生活をいきなり変えようとプレッシャーをかけ過ぎるのは避けましょう。

健診の落とし穴は、

「いつでも病院にかかれるし、再検査項目が出たら、さすがに受診するからいい!」と言う判断。
健康で生活出来る安心感を得るせっかくのチャンスを、また逃しているように見えます!

非常~に、もったいないです!

メタボ街道を進む前に、食事改善や運動習慣が比較的負担なく開始でき予防できます!

メタボではすぐ死んでしまう訳ではないですが、確実に血液が汚れ、血管がもろくなり、
脳・心臓・全身の臓器が総合的にじわじわと悪化していきます。
これをいち早く食い止め、若い体をキープするチャンスです!

体重、血圧、コレステロール、悪化してからやる気を出すのは苦痛です!
改善したい習慣が少ない段階で、専門家からコツを教わりましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
中山 真樹

中山 真樹株式会社ドクタートラスト 産業保健師

投稿者プロフィール

看護師として病棟勤務を経て、現在は企業様を対象に保健師業務を行っております。企業の健康管理室に出向していた経験、また、現在訪問企業で実施している業務からヒントを得て、皆様が知りたいことをお届けしたいと思います。
【保有資格】看護師、保健師、第一種衛生管理者、養護教諭一種
【ドクタートラストの保健師サービスへのお問い合わせはこちら】
【ドクタートラストへの取材、記事協力依頼などはこちらからお願いします】

この著者の最新の記事

関連記事

解説動画つき記事

  1. 「新型コロナウイルス感染症対策」の動画、資料、ポスターを公開しました

  2. 重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

    【動画あり】重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

  3. 会社内でのトラブル増加!?コロナハラスメントとは

    【動画あり】会社内でのトラブル増加!コロナハラスメントとは

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る