おしゃべりの効果

1月17日に警察庁から発表された統計(速報値)によると、
昨年1年間の自殺者数は1997年以来、実に15年ぶりに3万人を下回ったそうです。
ちなみに平成24年の自殺者数は27,766人で前年に比べ2,885人(9.4%)減ったとのこと。

「減少した」とか「下回った」という響きを聞くと、なんとなく安心してしまいがちですが
年間に約27,800人の方が自らの手でその命を絶っている事実は忘れてはいけません。
27,766÷365=76.071232…

なんと毎日約76人の方が日本のどこかで死を選択しているんです

男女比に注目してみると1年を通して男性が女性の倍以上を占めています。
うつ病の男女比は男:女=1:2といわれていますから、真逆です!

以前であれば、「男女で社会的役割が違うから」で片付けられたかもしれませんが、
女性も多くの人が男性と同じように仕事を持つ時代にあってもこれだけの差が生まれるのは何故なのでしょう?

1つの要因として、女性に比べて男性は誰かに「相談する」ことが少ないこと
挙げられるのではないでしょうか?
女性の場合、多くの人が「相談」とまでいかなくても、日常的におしゃべりをしています。
そのことは「女三人寄れば姦しい」なんて諺が物語っていますよね。

実はこのおしゃべり(気軽に話せる相手がいるということ)が
ストレス発散の重要な役割を果たしているんです。

例え話した結果、何の解決策も得られなかったとしても、
誰かに話すことで自分の中で考えを整理する手助けになっていたり、気分転換になったりしているものです。

あなたの職場の雰囲気は話しやすい雰囲気ですか?

年度末の処理が待ち構えていたり、年度が替われば後輩が入社してきたりと変化が多く、
ストレスの増加するシーズンです。

まずは気軽に話が出来る雰囲気作りから始めてみましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

中山 真樹株式会社ドクタートラスト 産業保健師

投稿者プロフィール

看護師として病棟勤務を経て、現在は企業様を対象に保健師業務を行っております。企業の健康管理室に出向していた経験、また、現在訪問企業で実施している業務からヒントを得て、皆様が知りたいことをお届けしたいと思います。
【保有資格】看護師、保健師、第一種衛生管理者、養護教諭一種
【ドクタートラストの保健師サービスへのお問い合わせはこちら】
【ドクタートラストへの取材、記事協力依頼などはこちらからお願いします】

この著者の最新の記事

関連記事

解説動画つき記事

  1. 【動画あり】しんどさを感じている皆さんへ!アフターコロナ時代のメンタルヘルス

  2. 【動画あり】「抗原」「抗体」ってなに? コロナ抗体検査は必要?

  3. 【動画あり】在宅勤務で新たなハラスメント「リモハラ」「テレハラ」が発生

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る