特定化学物質業務における追跡健康診断

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Q:特定化学物質業務から外れた従業員に対しても健康診断を
受けさせる必要はありますか?

A:雇用の間、現に従事している方と同じ時期・頻度で
特殊健康診断を実施する必要があります。

特定化学物質業務から外れた従業員に対する健康診断については
特定化学物質障害予防規則第三十九条の2に下記のように定められています。

第三十九条
2 事業者は、令第二十二条第二項の業務(石綿等の製造又は取扱いに伴い石綿の粉じんを発散する場所における
業務を除く。)に常時従事させたことのある労働者で、現に使用しているものに対し、別表第三の上欄に掲げる業務のうち労働者が常時従事した同項の業務の区分に応じ、同表の中欄に掲げる期間以内ごとに一回、定期に、
同表の下欄に掲げる項目について医師による健康診断を行わなければならない。

特定化学物質ごとの健康診断項目一覧は下記をご覧ください。

参考URL→http://www.kenkoshindan.or.jp/file/11/kagakubusitu.pdf

また、特殊健康診断を実施した場合、その結果を所轄監督署長へ報告しなければなりません。
さらに、第1類物質と第2類物質のうち、がん原性物質またはその疑いのある物質については特別管理物質としており、空気中濃度の測定結果と労働者の作業や健康診断の記録を30年間保存することが求められています。

特殊健康診断は従事している業務により健康診断の内容、追跡健康診断の有無、健康診断結果の保存期間等細かく決められており管理が非常に難しいですが、その分健康リスクの高い業務ですのでしっかりと行いましょう。

特定化学物質健康診断結果報告書様式は下記URLよりダウンロードできます。

http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/anzeneisei36/dl/18_02.pdf

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. 健診結果は該当!法改正にともなう「要配慮個人情報」の取り扱いポイントとは

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る