胃カメラ?バリウム??

仕事をしていても、プライベートでも良く聞かれる質問。

「胃カメラとバリウムって、どっちがいいの?」

健診で人間ドックを選択できる企業の場合、
胃カメラとバリウムが自己選択になっているところも多いですよね。

胃カメラ
口や鼻から、細く柔らかい管についたカメラを挿入し、
胃や食道の中を見る検査です。

メリット
・胃の粘膜を良く見ることが出来るので、胃潰瘍や早期の胃がんが発見できる可能性が高い。
・異常があった場合に、組織をとって検査することが出来る。

デメリット
・カメラを飲み込む際に違和感がある。特に嘔吐反射が強い人は辛いことも。

バリウム
造影剤(バリウム)を飲み、検査台で体を前後左右に動かし、
レントゲンでバリウムの動きを見る検査。

メリット
・造影剤を飲み込む時の負担が胃カメラより少ない。
・胃の形や動きをよく見ることが出来る。

デメリット
・胃の粘膜を見ることが出来ないので、確定診断や検査という面では劣る。

現在推奨されているのは

①初回の検査はバリウムでOK。
②バリウムで異常があったら、二次検査は必ず胃カメラを!!
③前年の健診で異常がなければ、バリウムのままでOK。
④前年の健診で異常があれば、胃カメラを!!

国立がんセンターが作っているサイトでは、
胃がん含め、他のがん検診についても推奨度合いを見ることが出来ます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

中村 眞弓株式会社ドクタートラスト 保健師

投稿者プロフィール

企業での健康相談や産業保健の経験を生かし、「じっくり聴く・しっかり考える」保健師を目指しています。社員の皆様・人事の皆様と一緒になって企業の健康を支えていけるよう頑張ります。
【ドクタートラストの保健師サービスへのお問い合わせはこちら】
【ドクタートラストへの取材、記事協力依頼などはこちらからお願いします】

この著者の最新の記事

関連記事

解説動画つき記事

  1. 「新型コロナウイルス感染症対策」の動画、資料、ポスターを公開しました

  2. 【動画あり】在宅勤務で新たなハラスメント「リモハラ」「テレハラ」が発生

  3. 重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

    【動画あり】重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る