産業保健の立場

4月から産業保健に新規参入される保健師さんを想定して、勝手に一言アドバイスです。

「一人で空回り注意!!」

保健師は人よりも健康に関心が高いので、
他の人も程度に差があれ、健康には関心があると思いがちです。
また、関心を持っててほしいと勝手に望みます。

でも、企業で働く人たちは、そうでもない人もたくさんいます。
いや、健康に気をまわせない状態という表現が近いかな??
なので、一人だけ気合をいれても空回りする結果に。

そもそも、人は働くために会社にきています。
健康になりたいからきている訳ではありません。

産業保健の関心は、「仕事と健康のバランス」です。

「人が健康に働く」という視点が社員さんとの共通目標です!!

また、大切なのは自己コントロール!!
「本人が」自分の健康状態を理解して、健康に働くことができるように、
「本人が」適切な選択・行動することをサポートするのが私達のお仕事です。

一人一人に合ったアドバイスやきっかけづくりを与えられる、
よいバランス感をもった保健師になれるよう私も頑張ります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

中山 真樹株式会社ドクタートラスト 産業保健師

投稿者プロフィール

看護師として病棟勤務を経て、現在は企業様を対象に保健師業務を行っております。企業の健康管理室に出向していた経験、また、現在訪問企業で実施している業務からヒントを得て、皆様が知りたいことをお届けしたいと思います。
【保有資格】看護師、保健師、第一種衛生管理者、養護教諭一種
【ドクタートラストの保健師サービスへのお問い合わせはこちら】
【ドクタートラストへの取材、記事協力依頼などはこちらからお願いします】

この著者の最新の記事

関連記事

解説動画つき記事

  1. 【動画あり】在宅勤務で新たなハラスメント「リモハラ」「テレハラ」が発生

  2. 衛生委員会等のオンライン開催についての通達が示されました

    【動画あり】もっと深く知りたい方必見!衛生委員会等のオンライン開催について詳しく説明します

  3. 「新型コロナウイルス感染症対策」の動画、資料、ポスターを公開しました

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る