PM2.5

PM2.5とは矢印大気汚染物質の1つです。
直径が2.5μmというかなり小さな粒子です。

健康にどういう影響があるか

矢印肺の奥深くまで入りやすいので、呼吸器系・循環器系への影響があります。
喘息や気管支炎・肺がんのリスクが上昇すると言われています。

基準値

矢印1年平均値 15µg/m3以下 かつ 1日平均値 35µg/m3以下 です。
  注意喚起の値は、1日平均値70µg/m3(現在のところ)です。
  1時間平均値85µg/m3を超えた場合は、都道府県等が注意喚起を行うことを推奨しています。

対策法

矢印・屋外での長時間の激しい運動や外出をできるだけ減らすこと
  ・屋内においても換気や窓の開閉を必要最小限にすること
  
  ※マスクについて
   一般用マスク(不織布マスク等)ではPM2.5は通過してしまいます。
   水に濡らしたキッチンペーパーを折りたたんでマスクの内側に入れるとよいそうです。
   医療用の高性能なマスク(N95)は、微粒子の吸入を減らす効果があります。
   ただし、かなり息苦しいです。(通常結核病棟などで着用するものなので。)

  ※喫煙について
   屋内での喫煙はPM2.5の濃度をあげることがわかっています。
   
pm252
(日本禁煙学会 より)

PM2.5の話から喫煙の話になってしまいました。

パニックになる必要はないと思いますが、できるだけ吸い込む機会を減らすこと。
また、正確な情報を取り入れて、適切な生活を送ること。
こちらに環境省のサイトを載せておきます。参考にしてください。
http://www.env.go.jp/air/osen/pm/info.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
中山 真樹

中山 真樹株式会社ドクタートラスト 産業保健師

投稿者プロフィール

看護師として病棟勤務を経て、現在は企業様を対象に保健師業務を行っております。企業の健康管理室に出向していた経験、また、現在訪問企業で実施している業務からヒントを得て、皆様が知りたいことをお届けしたいと思います。
【保有資格】看護師、保健師、第一種衛生管理者、養護教諭一種
【ドクタートラストの保健師サービスへのお問い合わせはこちら】
【ドクタートラストへの取材、記事協力依頼などはこちらからお願いします】

この著者の最新の記事

関連記事

解説動画つき記事

  1. 重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

    【動画あり】重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

  2. 「新型コロナウイルス感染症対策」の動画、資料、ポスターを公開しました

  3. 会社内でのトラブル増加!?コロナハラスメントとは

    【動画あり】会社内でのトラブル増加!コロナハラスメントとは

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る