チェック「目の疲労・見え方の違和感」

年度切り替えのピーク時期で、PC業務に追われる方が多いのではないだろうか。
疲労は全身に現れますが、作業に伴い良く使う 目にも、負担がかかっている。

目の疲労

目の症状は誰でも日常よく経験する。
ですが、中には症状が頑固に続き、身体に悪影響を与える場合がある。
テレビCMや薬局で販売されている栄養剤などで単語自体はご存じな方は多いかもしれないが、一時的な目の疲労が長期的症状となって身体へ影響する場合を「眼精疲労」と呼ぶ。
単なる目の疲れとは区別されるもの。
「眼精疲労」は仕事や作業姿勢、環境など、何らかの対策を立てなければ自然には治りにくい。
放置した場合は、さらに体調を悪化させるリスクが増す。
ただの疲れ目と軽く考えず、なるべく早めに診察を受けて対策を立てることが大切だ。

眼精疲労のサイン

では「眼精疲労」の原因を確認してみよう。
受診される方を調べると、その原因には次の4つが影響している。

【1】目に何らかの病気がある

(例)近視・乱視・不等像視(視力の左右差)・老眼、花粉症、ドライアイ(眼の表面が乾く病気)、緑内障、糖尿病、加齢黄斑変性、白内障、斜視、眼瞼下垂(まぶたが垂れ下がる病気)

【2】目の使いすぎ、作業姿勢、視環境の問題がある

(例)休憩を挟まない長時間のパソコン・携帯操作、テレビ、手元の細かい作業、暗い環境での作業、崩れた姿勢(猫背、斜め座り、足組み)、視力に合わないメガネやコンタクトレンズの使用、作業環境(室内乾燥、ちりや埃がまう、化学物質による刺激)

【3】精神的なストレスによる影響がある

(例)イライラ、不安感、不眠。自由に外出したり、身体を動かすなど、リラックスする時間がもてない。

【4】からだの病気による目の影響がある

(例)かぜ、インフルエンザ、虫歯、歯周病、自律神経失調症、メニエール病など。

単なる眼精疲労と軽視していると、視力や視野に影響する病気が隠れている場合がある。
気付かない内に症状が進行し、早期治療が遅れる可能性がある。
中でも、緑内障、糖尿病性網膜症などは成人の失明原因として大きな比率を占めていますので注意が必要だ。

目の健康チェック

下記は、「眼精疲労」のおもな症状だ。

かすむ/目の疲れ/ぼやける/重い/しょぼしょぼする/まぶしい/涙がでる/肩こり/だるさ/頭痛/めまい/吐き気

「眼精疲労」による辛さがある場合、見え方に異変がないかチェックすることも大切だ。
両目だけではなく、手で片目を隠し、左右の見え方の違いについても確認しよう。

・ 真っ白い壁や、空を見て、何か飛んでいたり、一部が見えない場所はないか?
・ 線がゆがんで見えたり、途中で切れている箇所はないか?
・ まばたきしても全体的にかすんで見えたりしないか?
・ 一番みたい部分が見えにくくはないか?
・ 最近、急に視力が落ちた感じはないか?

少しでも「あれ?」と思ったら、早めに眼科医を受診して専門医へ相談しよう。

目の疲労回復

「眼精疲労」はすぐに回復しづらいが、次のような工夫をすることで改善が期待できる。
1日数回、目の体操を取り入れて、こまめに目の周りのコリをほぐすことが大切だ。
参考にやり方をご紹介する。

<目スッキリ体操>
・ 両目を見開き、上下左右に大きく回す
・ 右回りと左回りを数回ずつ行ったら、目を閉じて休む
・ 目の周りの骨や、こめかみを心地よい強さで押す
・ 肩周りや首、上半身を大きくゆっくり動かし、滞った血液の流れを良くする
・ 温かいタオル、保温マスクなどで、まぶたや肩を保温する

また、ビタミンA・B・C・E群、アントシアニン、ルテイン、DHA、カシス、ブルーベリーなどの成分が、眼精疲労の改善・予防などの目の健康維持に有効とされている。
眼科専門医や薬剤師などに相談の上、錠剤やサプリメントも上手に取り入れてみるのも良いだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 【動画あり】「抗原」「抗体」ってなに? コロナ抗体検査は必要?

  2. 重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

    【動画あり】重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

  3. 「新型コロナウイルス感染症対策」の動画、資料、ポスターを公開しました

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る