春の眠気を科学する

春は『春眠暁を覚えず』といわれるように、朝の目覚めが悪くなるシーズンだ。
年度替わりの忙しい時期にもかかわらず、昼間もついウトウトしてしまいがち。
この抗しがたいほどのこの眠気はいったいどうして起こるのだろうか。

なぜ春は眠いのか?

自律神経の働き方がバランスを崩すから
 春になって眠気を感じるようになるのは、ごく自然な生理現象。
 私たちの身体は、気温が変化しても一定の体温を保つように、自律神経によってコントロールされている。
 寒い時季は体温が逃げないように血管を収縮させ、暑くなると血管を広げて熱を放出している。
 春は気温の変動が激しいため、自律神経はその変化についていくために必死に働くが、
 それがおいつかなくなってくると、適切なときに適切な調節がうまくいかなくなることも起こる。

 自律神経は昼と夜で体のリラックスと緊張状態のモードを切り替えるという働きもしているため、
 自律神経の働きのリズムが狂うとこのモードの切り替えにも影響して、
 本来緊張状態で活動するべき昼間に、
 夜間のリラックスモードの調整を行ってしまい、眠気を誘うという可能性もある。

 これに加えて、脳内で分泌されるメラトニンの影響も考えられる。
 メラトニンは暗さを感じることで分泌を始め、睡眠へ誘導する脳内物質だ。
 冬の日照時間が短い間はメラトニンの分泌量が増え、日が長くなるにつれて徐々に減っていくという
 サイクルで1年を経過している。

 春先には日照時間は目に見えて長くなるが、メラトニン分泌が冬のパターンをひきずっていると、
 その時期にしては多すぎる睡眠誘導物質が体内にあることになってしまう。

 春先に眠い、という症状は、多くの場合この2つの要因が重なってのことと考えられる。

睡眠不足になりがちだから
 私たちの睡眠時間は季節によって変動している。
 冬場は寒さや昼間の活動不足のせいで深く眠りにくかったり、メラトニン分泌の都合上、
 どうしても睡眠時間が長くなる傾向がみられる。
 しかし、気温が上がって活動量が増えたり、日照時間が長くなってくると、睡眠時間が徐々に短くなり、
 朝の目覚めを悪くしたり、昼間の眠気の原因になったりする。
 これは、普段から起床時間が遅く睡眠不足状態の人ならなおさらだ。

 一方、転勤、異動など環境の変化に伴うストレスで、寝つきが悪くなることも春の睡眠不足の
 大きな原因である。
 ストレスがかかった状態が続くと、これも自律神経への負荷となり、睡眠のリズムを狂わせ、
 不眠症などを招くことがあるので注意が必要だ。

ビタミンB群が不足するから
 暖かくなって身体の各器官の動きが活発化すると、糖質や脂質から盛んにエネルギーを作る
 必要がある。
 エネルギー変換の時にはビタミンB群などが大量に消費されるので、こうした栄養素の不足が疲れやだるさ、
 ひいては春の眠気を招いているといわれる。
 豆類や豆腐など、ビタミンB群を豊富に含む食品を積極的に摂り、ビタミンバランスの調整を心がけよう。

 また、花粉症の人は、睡眠中の鼻づまりやくしゃみなどで睡眠の質が下がることに加えて、
 アレルギー症状を抑えるための抗ヒスタミン剤の副作用で眠気が起こりがちだ。
 最近は眠気が出にくいタイプの抗アレルギー薬もあるので、毎年花粉症の時季になると眠くなるという人は
 1度主治医に相談してみてほしい。

ぐっすり眠る工夫やすっきり起きる工夫をして、上手に眠気に対処していきたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 衛生委員会等のオンライン開催についての通達が示されました

    【動画あり】もっと深く知りたい方必見!衛生委員会等のオンライン開催について詳しく説明します

  2. 「新型コロナウイルス感染症対策」の動画、資料、ポスターを公開しました

  3. 会社内でのトラブル増加!?コロナハラスメントとは

    【動画あり】会社内でのトラブル増加!コロナハラスメントとは

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る