注意!風疹の感染者数が増えています!

ご家族で、小さなお子様や妊婦さんと一緒に生活されている方は今一度確認をしてみてください。
昨年から「風疹」の患者数が、東京、次いで神奈川・千葉・埼玉、大阪などで急増しています。

風疹に注意!

厚生労働省によると、昨年の時点で、すでに過去5年間から比較して最も多い報告数(2,353例)となっています。

o0250035412484898553
(出典:厚生労働省)

風疹とは?

まずは風疹のおさらいしておきましょう。
風疹は、発熱、発疹、リンパ節の腫れを特徴とするウイルス性発疹症です。
日本では春から初夏にかけてもっとも多く発生してきました。
感染経路は飛沫感染(咳やくしゃみ・会話などによって空気中に飛び散り、これを吸入することで感染)になります。
子どもの予防接種でご存知な方も多いと思いますが、過去に予防接種をしていない成人(特に30~50代前半や20代男性)は感染リスクが高く、周囲への感染源となることから、医療機関(自己負担)での風疹予防接種について呼び掛けが強化されています。
風疹感染の確定は採血検査です。
先に、特徴的な症状を書きましたが、中には発疹がでない方もいるため、感染が疑わしい場合は医師の診断を受ける必要があります。

風疹感染に注意する時期は?

風疹の感染から2週間~3週間の潜伏期間があり、その後に症状が現れます。
感染予防の観点から重要な点は、感染源となるウイルスの排出が発疹が出る前後1週間となるため、発疹が現れて風疹に感染した! と気付く頃には、すでに周囲にウイルスを飛散している点に注意が必要です。

風疹感染で仕事を休まなければダメか?

風疹感染を理由に出勤停止とさせることはできません。
参考としたいのは、学校保健安全法における風疹の出席停止期間”発疹が消失するまで”に基づいて対応が考えられます。

感染対策が必要な理由は?

【1】風疹感染によって最も問題な点は、妊婦への感染

特に妊娠前半期に感染を起こした場合、産まれてくる子どもに先天性風しん症候群を起こす確率が非常に高まるとされています。
先天異常(心疾患、南朝、白内障など)を来すため、妊婦への感染は防がなければなりません。
※ 現在の先天性風しん症候群報告数:5例(平成16年の10例に次ぐ多さです)

【2】業務への支障

仕事をされている方にも業務上の支障が出るため、軽視はできません。
風しんの免疫を持たない成人が感染を起こした場合、発熱や発疹の期間が子どもに比べて長く続き、さらに重い関節痛にもなる傾向から1週間以上長期の休みにつながります。

風しん感染対策への取り組み

まだ社内で風疹に関する話題が少ない場合は、是非こちらを参考に実施してみましょう。

・ 風しん感染に関する注意ポスターをはる。
・ 衛生委員会の議題として確認し、社内周知する。
・ 予防接種を実施する。
・ 風しんによる症状が疑われる場合は、早期に受診し、自宅で休養する。

o0250035412484899285
(出典:厚生労働省)

職場では男性社員が多い場合でも、社員一人ひとりが帰宅すれば、妊婦や子どもがいる方もいます。
感染症自体がハイリスクとなる高齢者と同居されている方もいるかもしれません。
誰もが感染対策を行うことが大切です。
今一度、みなさんで確認をして見てください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

中山 真樹株式会社ドクタートラスト 産業保健師

投稿者プロフィール

看護師として病棟勤務を経て、現在は企業様を対象に保健師業務を行っております。企業の健康管理室に出向していた経験、また、現在訪問企業で実施している業務からヒントを得て、皆様が知りたいことをお届けしたいと思います。
【保有資格】看護師、保健師、第一種衛生管理者、養護教諭一種
【ドクタートラストの保健師サービスへのお問い合わせはこちら】
【ドクタートラストへの取材、記事協力依頼などはこちらからお願いします】

この著者の最新の記事

関連記事

解説動画つき記事

  1. 重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

    【動画あり】重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

  2. 【動画あり】健康リスクが高い業種は?685の企業・団体のストレスチェックデータを徹底分析!専門家がわかりやすく解説します!

  3. 【動画あり】しんどさを感じている皆さんへ!アフターコロナ時代のメンタルヘルス

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る