健診結果~結果との向き合い方~

昨日はNHK Eテレの<きょうの健康>(20時30分から)で、
内臓脂肪とメタボリックドミノをテーマに放送されていました。

第1回目は「一気に進む生活習慣病」がテーマでした。

健康診断は基本的には通常年1回です

その年、1年間、健康に家族や友人と過ごせるか、仕事に集中出来るか、などを確認する大切な機会となります。

ですので、結果が届いたらしーっかり、全てに目を通して頂きたい!

保健師が面談するすべての方に、まず伝えたいと思っていることですが、
現実的にはそこまでの時間を割いたり、チェックしようと意識を向けるのは難しいものですあせる
特に忙しい方は、健康上の問題を抱えている方が多い傾向にありますが、それは更に難題となっています。

健康に関する問題や悩み!
これは、実際に経験しないと、実感につながりにくいのですが、

・有給や休日を利用して長期的な通院が必要となった場合
・決まった時間に継続して内服等が必要となった場合
・食事制限が必要となった場合
・体調がすぐれず、業務に集中できなくなった場合など

こういった状況になった時に、

「もっと早い段階で気づき、医療の相談をすればよかったかもしれない・・・」

と言う状況があります。

前置きが長くなりましたが、
今日のポイントは、健康を維持・増進には、
日頃の積み重ねに尽きる!

と言うことです。

生活習慣病は、内臓脂肪の蓄積を健康と病気の分岐点として、
初めは1つ1つの症状としてあらわしています(三角の頭部分)
しかし、それを放置し何の対策もしない状況を続ければ、ドミノ倒しの要領で病気の数が複数に渡り増え、
しかもその1つ1つの病気の影響力が重いものになっていく危険リスクを説明しています。

健康な時に健康を考えることは、このドミノを手前で食い止められることになります。
逆に言えば、ドミノがひとつ倒れれば、その先も倒して行く危険状態になるので、そこに注意する必要が出てきます。

皆さんは今、どの地点にいるでしょうか?
もし、既に病気がある場合には、その治療をしっかり行うことです。
それによって、ドミノの裾野にあるように重篤な他の病気や合併症を防ぐことに役立ちます。

医療の恩恵をいつでも受けることが出来る日本ですが、
まず気付き、必要性を感じて、受診すること、これがなければ存在するだけになってしまいます。
1番避けたいのは早期対策を逃すことです。

病気を抱えて生活する大変さ・辛さを見ている私たち保健師は、その橋渡しを是非したいと考えています。
相談や情報提供、産業医やコメディカルと連携して様々な企業様で応援しています。

こちらの番組は、昨日から4日間シリーズで紹介されます虹
たった15分で専門医による生活習慣病対策の情報が得られる内容です。
NHK Eテレの<きょうの健康>(20時30分から)

第2回目の今日は「ポッコリ肥満なぜ悪い?」

第3回目/4月3日水曜日 「食べ過ぎない!7つの心得」

第4回目/4月4日木曜日 「”ちょっときつめ”の運動を」

是非、ご自身の今の状態と照らし合わせて観て頂けたらと思います。

今日のポイントは、コツコツ健康情報にふれること、その時間を意識して作ることです。

『コツコツ健康習慣』
1日1回、こちらのアメブロをチェックする習慣もかなり有効です。

皆さんの健康な生活を応援致しますので、是非参考にご覧下さい☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

中山 真樹株式会社ドクタートラスト 産業保健師

投稿者プロフィール

看護師として病棟勤務を経て、現在は企業様を対象に保健師業務を行っております。企業の健康管理室に出向していた経験、また、現在訪問企業で実施している業務からヒントを得て、皆様が知りたいことをお届けしたいと思います。
【保有資格】看護師、保健師、第一種衛生管理者、養護教諭一種
【ドクタートラストの保健師サービスへのお問い合わせはこちら】
【ドクタートラストへの取材、記事協力依頼などはこちらからお願いします】

この著者の最新の記事

関連記事

解説動画つき記事

  1. 会社内でのトラブル増加!?コロナハラスメントとは

    【動画あり】会社内でのトラブル増加!コロナハラスメントとは

  2. 「新型コロナウイルス感染症対策」の動画、資料、ポスターを公開しました

  3. 重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

    【動画あり】重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る