メンタル対策取り組みいろいろ

新年度を迎え、異動や転職で職場環境が変わる人が多い中で陥りやすいのが「こころの病」です。

厚生労働省によると、うつ病などの「気分障害」の患者数は2011年には約96万人。
10年前と比べて3割以上増えているんです!

企業のメンタル対策

心の不調を訴える人が増えれば業績も左右しかねないということから、企業はその対策を急いでいます。

今回はそんな取り組みのいくつかをご紹介。

うつ病などにかかった人が訪れるある施設では・・・
グループでゲームに取り組むことで、参加メンバーの社会復帰を支援しています。

あるIT企業では…
職場のコミュニケーションを活性化させようと、サークル活動をする社員に対し、
3ヵ月につき1万円を支給しているそうです。

ある半導体製造装置メーカーでは…
オフィスの真ん中に、勤務中でも自由に雑談ができるスペースを設置しています。

企業によってユニークな取り組みがなされているようですね。

一方、自治体でも対策が進んでいます。

とある県庁では…
職員に各職場の改善策を考えてもらい、ストレス軽減につなげる「職場ドック」を実施。
働きやすさを向上させるレイアウトなどで成果を上げているといいます。

あなたの職場ではなにか取り組みを実施していますか?
ユニークさはなくても、何か取り組みがあるとモチベーションのアップにも繋がりそうですね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 【動画あり】在宅勤務で新たなハラスメント「リモハラ」「テレハラ」が発生

  2. 【動画あり】しんどさを感じている皆さんへ!アフターコロナ時代のメンタルヘルス

  3. 重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

    【動画あり】重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る