野菜のとりかた

忙しい毎日、みなさんはどのようにして野菜をとっていますか?
健康の為に必要とわかっていても、外食や惣菜は野菜が不足しがちで、生野菜から料理をするとなると時間がかかってしまい、仕事で忙しい時にはなかなか難しいですね。
しかし、さまざまな野菜に含まれるビタミンは体内で作れない、作れても必要量に足りないため、食物などから摂取する必要があるのです。
ここは野菜を積極的に摂取したいところです。
サラダ、野菜ジュースなど手軽に野菜をとる方法はいくつかありますが、何からどう摂取したらよいのでしょうか。

ビタミンには水溶性と脂溶性?

まずは、ビタミンの基礎を抑えてください!

水溶性ビタミン:水に溶けやすいビタミン
脂溶性ビタミン:油に溶けるビタミン

このため、脂溶性ビタミンを摂取するときには、炒め物などで油と絡めて調理すると吸収がよくなります。
一方で、水溶性ビタミンは、茹でたりすることでビタミンが外に出ていってしまうため、茹で汁を捨てずに調理に利用することをお勧めします。
忙しい時に上手に野菜をとるには野菜スープや豚汁がおすすめです。
たとえば野菜スープ、お鍋にいろいろな種類の野菜を炒めてから煮込みましょう。
玉ねぎ、人参、キャベツ、大根、かぶ、白菜、セロリ、じゃがいもなどなどいろいろな野菜をいれるとスープも美味しくなります。
コンソメ等で味付けをしてスープも飲み干せばスープに溶け出たビタミンもまるごと摂取できます。
野菜の甘みが出ているので、薄い味付けでもとっても美味しいですよ。
物足りない方は、ベーコンを少々いれるとコクが出るので試してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

中山 真樹株式会社ドクタートラスト 産業保健師

投稿者プロフィール

看護師として病棟勤務を経て、現在は企業様を対象に保健師業務を行っております。企業の健康管理室に出向していた経験、また、現在訪問企業で実施している業務からヒントを得て、皆様が知りたいことをお届けしたいと思います。
【保有資格】看護師、保健師、第一種衛生管理者、養護教諭一種
【ドクタートラストの保健師サービスへのお問い合わせはこちら】
【ドクタートラストへの取材、記事協力依頼などはこちらからお願いします】

この著者の最新の記事

関連記事

解説動画つき記事

  1. 重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

    【動画あり】重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

  2. 会社内でのトラブル増加!?コロナハラスメントとは

    【動画あり】会社内でのトラブル増加!コロナハラスメントとは

  3. 【動画あり】しんどさを感じている皆さんへ!アフターコロナ時代のメンタルヘルス

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る