応急処置のキホン

レジャーやスポーツなどでけが人が出てしまった時ために、
誰でもできる応急処置救急箱についてご紹介する。

けが人が出てしまった時、これだけやっておけば大丈夫!という
4つの手当てがある。

RICE処置

その頭文字をとり、RICE(ライス)処置と呼ぶ。

Rest(安静)‥けがをしたらまず動きを止め、安全な場所で休もう。
動き続けることによるけがの悪化や、新たなけがの発生を防ぐことができる。

Ice(冷却)‥たいがいのけがの場合は内出血と腫れが起こる。
この内出血と腫れを最小限にくいとめるために、一番有効なのが冷却(アイシング)だ。
腫れ上がってしまうと傷の治りが遅くなってしまうので、けがをしたら
一刻も早くアイシングをしよう。冷やすのには氷が最も効果的だ。

Compressiont(圧迫)‥包帯を巻く、患部を押さえるなどしてけがをした箇所に血液が流れ込むのを防ぐ。
これも冷却同様、内出血と腫れを防ぐために行う。

Elevation(挙上)‥けがをした箇所を心臓より高い位置に保つことで患部に血液が流れ込むのを防ぐ。

応急処置の基本はとにかく出血量を最小限に食い止めること。
この4つの処置を迅速に行うことでけがの治りも早くなる。

RICE、ぜひ頭の片隅においておいてほしい。

とはいえけがをしないことが第一だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 【動画あり】在宅勤務で新たなハラスメント「リモハラ」「テレハラ」が発生

  2. 会社内でのトラブル増加!?コロナハラスメントとは

    【動画あり】会社内でのトラブル増加!コロナハラスメントとは

  3. 衛生委員会等のオンライン開催についての通達が示されました

    【動画あり】もっと深く知りたい方必見!衛生委員会等のオンライン開催について詳しく説明します

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る