職場の鬱病は上司が原因!!?

鬱病の原因

先日、北欧の『ScienceNordic』という科学ニュースに、
次の研究結果記事が掲載されました。

【The boss, not the workload, causes workplace depression】

(職場の鬱病は、作業負担ではなく「上司が原因」で起こる)

デンマークのオルフス大学の今回の研究は、
病院や学校などさまざまな機関で働く約4500名の公務員に
アンケートを実施し、鬱病が疑われる人に面談を実施するものでした。

今回の研究から導きだされた結果は次の通りです。

・仕事のプレッシャーは、職場の鬱病とは驚くほどに関係性を持たない。

・上司によって不当に扱われることが職場での鬱病になる危険と密接に関わる。

・職場で不平等に扱われる職場環境も、鬱病になる危険と密接に関係している。

この発表は、これまで職場の鬱病は仕事によるプレッシャーや
過大な仕事量によるもの、とする研究結果とは異なった主張ではあります。

しかし、
面談の結果多くの人が「職場で上司から不平等な扱いを受けている」と
感じているということがわかっています。

今回の研究を行ったチームからは次のコメントが出ています。

「職場の鬱病の患者は、不平等に多くの仕事を与えられていることが
病気の原因であるにも関わらず、仕事量が多いから精神的にしんどいのだ
と思う傾向があり、病気のせいで割り当てられた仕事をこなせなくなって
しまっているのに、病気の原因が多すぎる仕事量にあると考えてしまうのです。」

この研究結果が、職場の鬱病を発症させる要因のすべてではないと思うのですが、
不平等な職場環境や、上司による不平等な扱いは、少なからず影響をあたえている
とは考えられます。

研究チームからの提言にもあるように、
「職場環境の改善が職場の鬱病のリスク減少につながるとわかった今、
透明性のある組織の仕組みをベースにした、労働者を対等に扱うマネジメントが
職場うつ病を減らす上で重要になってくる」

のではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 【動画あり】しんどさを感じている皆さんへ!アフターコロナ時代のメンタルヘルス

  2. 会社内でのトラブル増加!?コロナハラスメントとは

    【動画あり】会社内でのトラブル増加!コロナハラスメントとは

  3. 衛生委員会等のオンライン開催についての通達が示されました

    【動画あり】もっと深く知りたい方必見!衛生委員会等のオンライン開催について詳しく説明します

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る