おくすり手帳、使っていますか?

突然ですが・・・みなさんは「手帳」使っていますか?
システム手帳、母子手帳、いろいろな手帳がありますが、
今日はおくすり手帳のお話です。最近おくすり手帳が注目されています。

その背景にはある出来事とは・・・

平成23年3月11日に発生した東日本大震災です。津波被害等により医療機関や薬局、カルテや薬歴等の医療インフラが大きな被害を受けました。
そのような環境の中、おくすり手帳の活用により、スムーズかつ適切に医薬品が供給され、適切に医療が提供される場面が多く見受けられたようです。
薬の名前ってカタカナで覚えにくかったり、似ていたり、同じ薬かぜ薬でも量や濃度がちがうものがあります。

みなさんはおくすり手帳持っていますか?

おくすり手帳はあなたに処方された薬の名前や飲む量、回数などの記録(薬歴)を残すための手帳です。
この記録があると、医師・歯科医師や薬剤師が、どのような薬をどのくらいの期間使っているのかが判断できます。
また、他の病院や医院などで薬を処方してもらう際にも、医師・歯科医師や薬剤師におくすり手帳をみせることで、
同じ薬が重なっていないか、また飲み合わせ等についての確認も行ってもらえます。

病院や医院、歯科医院、薬局に行ったときには
毎回、必ず医師・歯科医師や薬剤師に提出してください。
薬局で市販の薬薬を買った場合にも、記録してください。
病院や薬局でおくすりの名前等を書いた説明書を渡された場合は、そのまま貼ってください。
(最近はシールになっているものをくれる所が多いです。)
薬について、わからないこと困ったこと等があるときには、右下の空欄に記録しておきましょう。

あなたがもらったおくすりの記録(薬歴)になりますので、大切に保管してください。
おくすり手帳は病院や調剤薬局で無料でもらえます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

中山 真樹株式会社ドクタートラスト 産業保健師

投稿者プロフィール

看護師として病棟勤務を経て、現在は企業様を対象に保健師業務を行っております。企業の健康管理室に出向していた経験、また、現在訪問企業で実施している業務からヒントを得て、皆様が知りたいことをお届けしたいと思います。
【保有資格】看護師、保健師、第一種衛生管理者、養護教諭一種
【ドクタートラストの保健師サービスへのお問い合わせはこちら】
【ドクタートラストへの取材、記事協力依頼などはこちらからお願いします】

この著者の最新の記事

関連記事

解説動画つき記事

  1. 衛生委員会等のオンライン開催についての通達が示されました

    【動画あり】もっと深く知りたい方必見!衛生委員会等のオンライン開催について詳しく説明します

  2. 【動画あり】「抗原」「抗体」ってなに? コロナ抗体検査は必要?

  3. 「新型コロナウイルス感染症対策」の動画、資料、ポスターを公開しました

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る