THP(心とからだの健康づくり)

過重労働や不衛生な職場での労働が問題となっている中、使用者は従業者に健康で働ける職場づくりを提供しなければならないと労働安全衛生法第69条1項、2項で定められています。

1項:労働者の健康保持増進を図るために必要な措置を継続的かつ計画的に実施することが事業者の努力義務
2項:労働者は、事業者が講ずる措置を利用して、健康保持増進に努める

厚生労働省は労働者の健康保持増進のため、THP(Total Health promotion Plan)「心とからだの健康づくり」を推進しているます。
今回は、THPの実施方法を解説します。

健康保持増進計画の策定

継続的かつ計画的な実施が必要であることから、健康保持増進計画を策定するよう努めることが必要です。
その際、事業者が健康づくりを支援することを表明することなどが求められます。
また、計画を衛生委員会等に付議することが望ましいです。

推進体制の構築

事業場において、衛生管理者等から健康保持増進計画の総括的推進担当者を選任し、対策を衛生委員会等で調査審議します。
このほか、健康保持増進措置を実施するスタッフ(産業医・心理相談担当者産業保健指導担当者)などを育成・確保しましょう。

健康保持増進の内容決定

〔1〕健康測定
各労働者に対して、産業医が中心になって健康測定(問診、生活状況調査、診察および医学的検査)を行い、その結果を評価し、指導票を作成します。

〔2〕運動指導
運動指導担当者が、労働者個人個人について運動指導プログラムを作成し、運動指導担当者および運動実践担当者が運動実践の指導援助を行います。

〔3〕メンタルヘルスケア
メンタルヘルスケアが必要とされた場合などに心理相談担当者が産業医の指示のもとにストレスに対する気付きへの援助やリラクセーションの指導などを行います。

〔4〕栄養指導
食生活上問題が認められた労働者に産業栄養指導担当者が食習慣や食生活の評価と改善の指導を行います。

〔5〕保健指導
産業保健指導担当者が、睡眠、喫煙、飲酒、口腔保健などの指導および教育を行います

また、THPの基本的な考え方や事業場における具体的な実施方法については「THP指針」が厚生労働大臣により公表されています。
ぜひ参考にしてください。

http://www.jaish.gr.jp/anzen/hor/hombun/hor1-20/hor1-20-1-1-0.htm (THP指針)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 【動画あり】「抗原」「抗体」ってなに? コロナ抗体検査は必要?

  2. 【動画あり】改正育児・介護休業法の概要と背景を専門家が解説!

  3. 【動画あり】休職者、在宅勤務者をサポート「アンリケアサービス」~その魅力と導入の流れ~

一目置かれる健康知識

  1. 他人ごとだと思っていませんか?若年性認知症
ページ上部へ戻る