労働基準関係法令違反82% 自動車運転者を使用する事業所

平成25年10月8日厚生労働省より、
国の労働局や労働基準監督署などの労働基準監督機関が、
自動車運転者(トラック、バス、タクシーなど)を使用する事業場に対して行った
監督指導や送検の状況についての取りまとめが公表されました。

http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-11202000-Roudoukijunkyoku-Kantokuka/0000025587.pdf

概要は下記の通り。

平成24年の監督指導などの概要

■自動車運転者を使用する6,007事業場に、監督指導を行った。
そのうち、何らかの労働基準関係法令違反が認められたのは、
4,924事業場(全体の82.0%)
改善基準告示違反が認められたのは、
3,640事業場(全体の60.6%)。
■主な労働基準関係法令違反の内容は、多い順に
1 労働時間(54.9%)
2 割増賃金(24.3%)
3 休日(5.7%)。
また、主な改善基準告示(下記参考参照)違反の内容は、多い順に
1 最大拘束時間(48.9%)
2 休息期間(35.9%)
3 総拘束時間(34.9%)
4 連続運転時間(30.3%)
5 最大運転時間(17.3%)。
■ 重大または悪質な労働基準関係法令違反により送検を行ったのは80件。

自動車運転者は、依然として長時間労働の実態にあり、
脳・心臓疾患の労災認定件数が最も多い職種です。

厚生労働省では、引き続き、自動車運転者を使用する事業場に対し、
労働基準関係法令などの周知・啓発に努め、
問題があると考えられる事業場については監督指導を行うなど、
自動車運転者の適正な労働条件の確保に取り組んでくとのことです。

(参考)
自動車運転者の労働時間等の改善のための基準(平成元年労働省告示第7号)
http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-11202000-Roudoukijunkyoku-Kantokuka/0000025510.pdf

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

    【動画あり】重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

  2. 【動画あり】しんどさを感じている皆さんへ!アフターコロナ時代のメンタルヘルス

  3. 【動画あり】在宅勤務で新たなハラスメント「リモハラ」「テレハラ」が発生

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る