梅雨のカビ対策と健康

梅雨らしいくない天気が続いてますが、皆さん体調は大丈夫ですか?
今日は、これから本番の「梅雨のカビ対策と健康」です。
雨の日に、洗濯物を外に干すと、きちんと乾いた様でも、使うとムレた匂いがしたという経験はありませんか?
この匂いの原因が、カビなんです。
カビは菌類の一種で、菌糸と胞子からなり、水分や栄養を吸収しながら成長していきます。
菌糸が成熟すると、たくさんの胞子を作り放出します。放出された胞子は、人の動きや風などで別の場所に運ばれていきます。
カビの発育には栄養源、水分、温度、酸素の4つの要素が必要です。
栄養源としてはでんぷんや糖分のほか、人間のアカなどがあり。湿度は70%前後、温度は10~30度がカビ発生の好条件になります。

カビの種類

・黒カビ 特に浴室や洗面所の壁、台所の流し周辺で見かける黒い斑点状のカビ
・赤カビ 浴室やタオル、洗濯機などで赤っぽくみえるカビ
・青カビ パンやもち、などの食品に発生し腐敗させるほか、ゴルゴンゾーラチーズの製造に利用される種もある
・麹カビ 味噌や日本酒の生産に使用。種強力なカビ毒を生み出す種や、肺炎に似た症状を引き起こす種もあり
・乾き麹カビ 食品以外にも、革製品、衣類などに発生古本などのカビ臭い原因はこのカビが多い
・あずきカビ 糖度の高い食品に発生するほか、絨毯や畳、ハウスダストにも含まれる

最近では、カビによって起こる病気が問題になっています。
人はもともとカビや菌などの微生物を皮膚や口の中などに持っていますが、
病気の治療の為に抗生物質を飲むことでそれらの菌が殺されてしまいます。
そこに新たなカビ菌が発生、異常繁殖し、身体に悪影響を与えます。
代表的なものが、カンジダ症や水虫です。これらの感染症は免疫力が弱まったときに発症するため、健康な状態であれば必要以上に恐れる必要はありません。

一方、免疫力に関係なく発症するのが、カビによるアレルギーです。
カビから放出された胞子を吸い込むことで、気管支ぜんそくやアレルギー性鼻炎、アレルギー性皮膚炎、アレルギー性結膜炎など、さまざまなアレルギー症状を引き起こします。
なかでも最近問題となっているのが「アレルギー性気管支肺アスペルギルス症」「夏型過敏性肺炎」です。

アレルギー性気管支肺アスペルギルス症

アスペルギルスというカビを吸い込むことによって起こるといわれ、最悪の場合、呼吸不全を起こすこともあります。
気管支ぜんそくの症状と似ています。
呼吸器専門医でなければ見逃されることもあります。

夏型過敏性肺炎

トリコスポロンというカビを吸い込むことによって起こるアレルギー性肺炎です。
梅雨以降の高温多湿の季節に起こることが多いため「夏型」という名前がついています。
慢性的になると進行し、ひどくなると呼吸ができなくなる場合もあります。

カビ対策のポイント

①掃除はこまめにしましょう
ハウスダストや食べ物のカスが栄養源となって、カビが発生しやすくなります。

②晴れた日には、換気をしましょう
カビ対策には換気が大切です。でも、雨の日は湿度が上がり、逆効果なので注意しましょう。

③使用後は浴室に水をかけましょう
入浴後の浴室は、湿度も温度も高く、カビ発生の好条件です。
浴室から出る際には、壁や床に水をかけて温度を下げるようにしましょう。

④部屋干しはやめましょう
雨の日は、洗濯物を部屋干ししがちですが、部屋干しは湿度を上げる原因になります。
できるだけ乾燥機を使用したり、浴室で換気扇を回しっぱなしにして干しましょう。
室内に干す際には、近くで除湿機を使用するなどの工夫をしましょう。

⑤とにかく除湿しましょう
カビ対策には除湿が一番です。
特に、布団などの湿気がこもり易い場所には注意が必要です。
晴れた日に外に干したり、布団乾燥機を使うようにしましょう。

⑥エアコンのフィルター掃除はこまめにしましょう
エアコン内はカビが発生しやすく、そのまま使用すると部屋中にカビを撒き散らすことになります。

カビが生えてからでは、お掃除も大変です。梅雨のカビ対策を早めに開始して、室内を快適な空間にしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 【動画あり】在宅勤務で新たなハラスメント「リモハラ」「テレハラ」が発生

  2. 【動画あり】しんどさを感じている皆さんへ!アフターコロナ時代のメンタルヘルス

  3. 重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

    【動画あり】重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る