自動車運転者を使用する違反事業場の数

自動車運転者を使用する違反事業場

10月8日付の厚生労働省による公表では平成24年に自動車運転者を使用する、
全国6,007事業場を対象に監督指導を行った結果
実に82%に当たる4,924の事業場で、何らかの労働基準関係法令違反が認められた。

この結果を受け、同省では積極的に監督指導を行い、
改善が見られない等の悪質な事業場に対しては、
送検を行うなど厳しく対処していく方針を強めている。

自動車運転者は業務体系が特殊であり、
一般企業と同じ労働基準法では規制が難しく、
「自動車運転者の労働時間等の改善のための基準」が策定されている。
しかし、依然として長時間労働や、連続運転時間、休息日等
大幅な改善が見られておらず、
脳・心臓疾患での労災件数が最も多い職種だ。

改善をするためには、事業場のトップが主導し、
労働者が一丸となり、改善を目指していく必要がある。

また、
労働規定の改正、周知・履行の徹底、
確実な健康診断の実施と措置、
ならびに産業医もしくは、それに類する機関での
面談を行うことも合わせて必要となる。

今回の調査で改めて、
自動車運転者を扱う事業場の改善すべき点が浮き彫りとなった。
厚生労働省では重大事故を防ぐために、
様々なガイドラインや基準を取り決めている。
今一度それらを見直し、皆様の事業場と照らし合わせてみることで
改善する際の指標となるだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 【動画あり】「抗原」「抗体」ってなに? コロナ抗体検査は必要?

  2. 衛生委員会等のオンライン開催についての通達が示されました

    【動画あり】もっと深く知りたい方必見!衛生委員会等のオンライン開催について詳しく説明します

  3. 【動画あり】しんどさを感じている皆さんへ!アフターコロナ時代のメンタルヘルス

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る