”スマホネック”にご注意~ストレートネックになるとどうなるの?~

多機能で便利なスマートフォン。
この操作時の姿勢、実はものすごく首に負担をかけていることをご存知でしょうか?
長時間うつむいたままスマートフォンを操作することで、首・肩の張りや肩凝りを自覚したことのある人は多いと思います。
スマートフォンの普及により、そのユーザーの間で増えていることから「スマホネック」と呼ばれています。
そしてこのような、首が歪んだ状態を「ストレートネック」という。

ストレートネックとは

私たちの背骨は、生理的湾曲(わんきょく)と呼ばれるS字カーブをつくり、重たい頭を支えるために、重力を分散させる役割を果たしている。また、歩く時にショックを吸収するようにはたらきます。
首から背中、腰にかけてのラインの中で、首は前方にカーブを作っていますが、この首のカーブがなくなり、骨の配列がまっすぐになることを、ストレートネックといいます。

<どうしてストレートネックになるの?>

前述の通り、うつむき姿勢が長時間続くことでストレートネックは起こります。
また、スマートフォンの操作と同様、デスクワークで前傾姿勢が続いたり、長時間座位姿勢などでも引き起こされます。
こうした姿勢が慢性的になると、頭を支える筋肉が持続的な緊張によって硬くなり、首の骨が後方に歪んでいくのです。
人の頭は、約5kgの重さがあり、うつむいたままでは、この分の重さが首周りにかなりの負担となります。
また頭を下に向けるため、首の神経や血管が圧迫されていき、循環障害から腕や手の痺れが生じてくることもあるのです。

<ストレートネックになるとどうなるの?>

○ 肩が凝りやすい
○ 上を向きづらい
○ 首、肩周りの痛み
○ 手や肩周りの痺れ

予防法

○ スマートフォンを操作するときは、頭が下がり過ぎない高さに持って操作する。
○ 長時間の操作はせず、時々首・肩を回すなど、ストレッチをする。
○ デスクワークでは、椅子の高さを調整し、前かがみ作業にならないように環境整備する。

肩凝りや首の凝りの自覚など、症状が軽いうちはストレッチなどで緩和できます。
しかし、あまりに痛みの強い場合や、首や肩の可動域が著しく低下した場合は、他の病気から問題が生じている場合もあるため、放置せずに医師へ相談しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 【動画あり】「抗原」「抗体」ってなに? コロナ抗体検査は必要?

  2. 【動画あり】在宅勤務で新たなハラスメント「リモハラ」「テレハラ」が発生

  3. 会社内でのトラブル増加!?コロナハラスメントとは

    【動画あり】会社内でのトラブル増加!コロナハラスメントとは

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る