睡眠時間でダイエット?

夏といえば……海!
夏本番までにちょっとダイエットしよう! なんて方も多いのではないでしょうか?
実は私も2週間前からダイエットを始めました。

痩せたいけど食べたい…。
どうも野菜なすびや果物桃だけでは満足できない…。
運動嫌い!

そんな方におすすめの「睡眠時間ダイエット」を紹介したいと思います。

睡眠時間ダイエットとは

特徴は次の2つです。

  •  理想の睡眠時間と、質のよい眠り
  •  食事制限などをしない

寝るだけ?と思いますよね。
でも本当に寝るだけなんです。
今すぐ急激に痩せるという訳ではないですが、痩せる体質になれる、そんなダイエット方法です。

Q. 大体何時間寝れば良いの?

A.ダイエットに理想の睡眠時間は7.5時間!

毎日7.5時間の睡眠をきちんと取ることで、食欲を抑えるホルモン(レプチン)が分泌され、空腹感をあまり感じなくなるそうです。

実は睡眠中もカロリーを消化していて、そのカロリー消費量は起きている時よりも多く、血行や免疫力もUPします。

代謝も活発になるので、脂肪が燃焼されやすい、痩せやすい体質になっていく、というわけです。

ですが!痩せる体質を作るのは7.5時間の睡眠だけではありません
質のよい眠りにしなくては意味がないのです。

質のよい眠りをするために気をつけること

  •  寝る前に光を発するデバイスを使わない。(携帯、スマホ・ゲーム・パソコン)
  •  入浴は、寝る1時間以上前に済ませる。
  •  夏場の入浴はぬるめのお湯につかる。
  •  食事は寝る3時間前までに済ませる。
  •  カフェインをとり過ぎない。
  •  夏場の暑い時期はエアコンは3時間タイマーがベスト!
  •  暑い時期は寝具を麻の寝具を使う。(麻は湿気や体のほてりが取れる夏にピッタリの素材です)

質の良い眠りを続けるのは簡単なようで大変ですが、疲れを取る&痩せる体質が手に入れられるので、一石二鳥じゃないでしょうか?
この機会に実践してみることをオススメします。

ちなみに睡眠不足が続きますと情緒不安定=脳機能低下、うつ病など類似になる危険性があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

    【動画あり】重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

  2. 【動画あり】「抗原」「抗体」ってなに? コロナ抗体検査は必要?

  3. 「新型コロナウイルス感染症対策」の動画、資料、ポスターを公開しました

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る