冷たい食べ物と胃炎

蒸し暑い日が続きますね。
気温が高くなってくると、冷たい食べ物や飲み物を口にする機会も増えてきます。
冷たいものを沢山飲んだり食べたりした後に胃痛が……。
こんなときは、「急性胃炎」になっていることが多くあります。

急性胃炎とは?

病院症状

  •  胃の痛みや不快感
  •  吐き気、嘔吐
  •  胃もたれ、食欲不振

病院治療・対処法

まず、原因を取り除きます。
冷たい食べ物を摂り過ぎた!という時は、まず原因になる食べ物を避けます。
そして、半日~1日程度食べ物を控えて胃を休めます。
水分は摂ったほうがよいですが、ぬるま湯など刺激の少ないものにします。
胃の症状が落ち着いてきたら、お粥やうどんから食べ始めます。
冷たいヨーグルトやプリンなどは、胃を冷やしてしまうため、
最初に食べるものとしてはお薦めできません。

市販薬の選び方

薬剤師さんが薬局にいらっしゃるようでしたら、まず相談するのが一番安心です。
ドラッグストアなどで不在の場合や、会社の救急箱を利用する場合は、「出すぎた胃酸を抑える」という作用がかかれたお薬を選ぶとよいでしょう。
ガスターやサクロン、パンシロンという名前で市販されているお薬が、出すぎた胃酸を抑えてくれます。
※ 症状が改善しないようなら、すぐに受診をしてください!
急性胃炎は、繰り返すと胃の粘膜が萎縮(縮む)してしまい、不快な症状を繰り返す「慢性胃炎」へとつながってしまいます。
冷たいものを避けるのが一番大切ですが、急な胃痛に対処できる方法を知っておくと、夏休み中も安心ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

中村 眞弓株式会社ドクタートラスト 保健師

投稿者プロフィール

企業での健康相談や産業保健の経験を生かし、「じっくり聴く・しっかり考える」保健師を目指しています。社員の皆様・人事の皆様と一緒になって企業の健康を支えていけるよう頑張ります。
【ドクタートラストの保健師サービスへのお問い合わせはこちら】
【ドクタートラストへの取材、記事協力依頼などはこちらからお願いします】

この著者の最新の記事

関連記事

解説動画つき記事

  1. 【動画あり】「抗原」「抗体」ってなに? コロナ抗体検査は必要?

  2. 【動画あり】しんどさを感じている皆さんへ!アフターコロナ時代のメンタルヘルス

  3. 会社内でのトラブル増加!?コロナハラスメントとは

    【動画あり】会社内でのトラブル増加!コロナハラスメントとは

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る