シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーどっちがいいの?

汗ばむこの時期、何だか髪の毛もべたつき、
頭皮の汚れまですっきり落としたいですよね。
そこで、今日は最近話題のノンシリコンシャンプーについてです。

ノンシリコンシャンプー??

初めて聴いたときには、「シャンプーってシリコンが入ってたの!?」
とビックリした方も多いのではないでしょうか。
一般的なイメージでは、『シリコン=体に悪そう』ですよね。
何となく頭皮の毛穴を塞いでしまうイメージがあります。

でも、実は違うんです。
シリコンにも色々あり、シャンプーやトリートメントに配合されているのは、
シリコンオイルというもので、このシリコンオイルは細かいメッシュ状なので、
コーティングしすぎて皮膚呼吸が出来なくなる心配はありません。

渋谷で働く産業保健師ブログそもそも、どうしてシリコンオイルを配合する必要があるの?
シリコンはキューティクルに密着し、洗う時の指の通りを良くし、髪の毛に艶を出す効果があるからです。

つまり、シリコンシャンプーとは、
シリコンオイルというコーティング剤を、
シャンプーする時の指通りをよくするために配合しているシャンプーということです。

シャンプー時の指通り

どちらかというと、指通りはトリートメントやコンディショナーで整えるイメージがあります。
また、メッシュ状のコーティングとは言っても、
トリートメントやコンディショナーで栄養成分を与える前にコーティングって必要?
という考えかたから、最近ではノンシリコンシャンプーが良いという考えかたがあります。

しかし、男性でトリートメントなどは使わない方は、
シリコンシャンプーで少しコーティングしてあげる方がいいかもしれません。

逆に、トリートメントでは、シリコン入りが良い人とノンシリコンが良い人がいるそうです。
シリコントリートメント・・・髪のボリュームを押さえて、艶サラストレートを目指す人
ノンシリコントリートメント・・・髪の根元からボリュームを出した、動きがあるスタイルを目指す人

そもそも、シリコンオイルは体に悪いわけではありません。
必要が無い人がシリコン入りトリートメントを使うよりは、
シリコンなしを選択。必要な場合は、シリコン入りを選ぶ方が良いと言われています。

情報や広告に振りまわされず、自分の髪質にあったシャンプーやトリートメントを選ぶようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 会社内でのトラブル増加!?コロナハラスメントとは

    【動画あり】会社内でのトラブル増加!コロナハラスメントとは

  2. 【動画あり】在宅勤務で新たなハラスメント「リモハラ」「テレハラ」が発生

  3. 【動画あり】しんどさを感じている皆さんへ!アフターコロナ時代のメンタルヘルス

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る