職場のパワーハラスメント対策ハンドブック

職場のパワーハラスメント対策ハンドブック

厚生労働省より、
職場のパワーハラスメントの予防・解決に向けた取組を推進するため、
企業の取組の好事例などを紹介した。

「職場のパワーハラスメント対策ハンドブック」

が作成・発表されました。

ハンドブックでは、
製造業や建設業、社会福祉施設など様々な業種、
全17社の取組の好事例を紹介しているほか、
就業規則の規定例なども掲載されています。

ハンドブックは、取組に着手していない企業はもちろん、
すでに取組を行っている企業でも活用できる内容となっています。

職場のパワーハラスメントについては、
この問題の予防・解決に向けた取組を行っている企業が約半数にとどまるなど、
取組が遅れている企業が多く存在するといった課題が明らかとなっています。

また、職場のパワーハラスメントなどによる
若者の「使い捨て」が疑われる企業(いわゆるブラック企業)が、
社会で大きな問題となっています。

ハンドブックは、都道府県労働局や労働基準監督署などで配布されるほか、
ポータルサイト「あかるい職場応援団」からも無料でダウンロードできます。
http://www.no-pawahara.mhlw.go.jp/download.html

職場のパワーハラスメント対策を推進するため、
予防・解決に向けた取組に是非活用してください。

また、厚生労働省主催で、10月から来年2月にかけて、
無料の「パワーハラスメント対策支援セミナー」が全国約50箇所で開催されます。
セミナーでは、ハンドブックを配布・活用するなどして、
参加者の実務に生かすことのできる内容になるとのことです。
http://www.no-pawahara.mhlw.go.jp/events/index_another

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 【動画あり】しんどさを感じている皆さんへ!アフターコロナ時代のメンタルヘルス

  2. 【動画あり】「抗原」「抗体」ってなに? コロナ抗体検査は必要?

  3. 「新型コロナウイルス感染症対策」の動画、資料、ポスターを公開しました

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る